「ペルソナQ2」経験値・資金上昇・戦闘確率DLCの使い方と使ってみた印象


3DS「ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス」のDLC(追加ダウンロードコンテンツ)について。

ソフトの発売と同時にいくつかのDLCが発売されました。もっと早く進めたい、ペルソナを集めたい!という効率重視のプレイヤーにとって有難いDLCアクセサリーが、「超時短の手袋」「超倍額の手袋」そして「ヨスガの勾玉」「シジマの勾玉」

早速試してみたいと購入しましたが、ゲーム内でいつ入手、使用できるのか?つまづく点についてご説明し、使ってみた印象についてもレポートいたします。

ペルソナQ2のDLCアクセサリー4つの効果と購入方法について

ペルソナQ2で購入できる追加ダウンロードコンテンツは限定ペルソナ、BGM、消費アイテムなど様々ですが、今回ご紹介するのは下記のアクセサリー4つ。

・超時短の手袋:バトル経験値が3倍に増加
・超倍額の手袋:バトル入手金が3倍に増加
・ヨスガの勾玉/シジマの勾玉:移動中のシャドウとの遭遇率が2倍/移動中にシャドウと遭遇しなくなる

それぞれ100円ずつ(ヨスガ、シジマの勾玉はセット)、必要ブロック数は2ブロックとなります。

それでは購入について。

まずは3DS本体の設定で無線通信/NFCをオンにしてインターネットに接続できる状態にしてペルソナQ2を起動。

タイトル画面の「DLC」を選択すると、そのままニンテンドーeショップの画面に移ります。

DLCはいくつかあるので目当てのものを選択し、案内にしたがって決済、ダウンロード、インストールします。完了したらニンテンドーeショップを終了し、再度ペルソナQ2を起動、あとは通常通りロード、もしくはNEW GAME等でゲームを開始します。

すると、購入したコンテンツが追加されたメッセージが表示されます。

確かに購入はでき、ゲームにも反映されている様子。

購入したDLCアイテムはゲーム内でいつ、どこで入手できる?

ところがここでつまづいたのが、買ったはいいけれどゲーム内のいつ、どこでどうやって入手できるのか?という点。

てっきり購入後に所持アイテムボックスに入っているか、あるいはショップで販売されるか?そんな方法を想定してショップを覗いてみるもどこにも売っていません。アクセサリーはもちろん、消費アイテムや武器、防具の場所にも見当たらず。

であれば既に所持しているのか?と思い、装備品を確認してみるも…。

どこにも入っていない…。

アクセサリー欄はもちろん、消費アイテム欄、武器、防具欄をくまなくチェックするも、それらしきアイテムは格納されておらず。

もしかして課金だけして騙された!?

なわけはないでしょうし、一体どこにあるのか?と思い、ゲームを少し進めてから判明。

ショップがパワーアップ!

最初のダンジョン「カモシティ」の地下3階に到達する頃にシアターのショップがパワーアップし、ダンジョンで拾った素材から装備品の生成ができるようになります。そして店主となったテオドアから、DLCで獲得したアイテムの受け取りについての説明が。

ショップの項目にある「購入する」「持ち物を売る」などと並んで「話をする」を選択すると「DLCアイテム受け取り」という項目を発見。

選択することでDLCで購入したアイテムを無事受け取ることができました!


DLCのアイテムはショップで装備品生成ができるまでストーリーを進め、店主のテオドアと話すことで受け取ることが可能です。

また、購入にゲーム内通貨等は必要ありません。

DLCアクセサリーを使ってみた結果

それでは早速DLCアクセサリーを使ってみます。

まずは獲得経験値が3倍に増加する「超時短の手袋」から。

この3倍というのが絶妙で、同じくアトラス製「世界樹の迷宮」や「真・女神転生Ⅳ」など、一度の行動でレベルが2つも3つもドカドカ上がる経験値稼ぎDLCに比べると、獲得経験値3倍は少しシビアな感じはあります。が、一度に3回分の経験値が獲得できるだけあって、レベルアップはサクサク

続いて獲得金額3倍の「超倍額の手袋」について。

そもそも本作では、通常の戦闘で獲得できる金額はさほど多くない印象です。中には獲得金額ボーナスのレアシャドウもいますが、それでもダンジョンで採取できる素材を売却した方が効率もよく、そこまで資金不足に悩まされることはなさそうです。


今後ベルベットルームで特定のペルソナを購入する際、資金不足に悩まされる可能性もありますが、通常戦闘が決して主な資金獲得の手段ではない本作においてこの超倍額の手袋についての便利さはまずまず。無きゃ無いで困るほどではなさそうです

最後に「ヨスガの勾玉」「シジマの勾玉」について。これは使い方次第で超便利。

まず「ヨスガの勾玉」は、エンカウント率が2倍になるアクセサリー。使ってみた印象としては、10歩程でエンカウントし、確かに戦闘頻度が明らかに増しています。が、個人的にはもともとのエンカウント率がそこまで高くないため、使ってみるとちょうど良い緊張感が生まれるかなという印象です。

「シジマの勾玉」については装備するとエンカウントが無くなるアクセサリー。こちらはパーティーが瀕死状態の場合エンカウント無しで拠点に戻ることもできるため、ゲームの緊張感は皆無になります。ただしF.O.Eについては影響なくマップ上で動き回り、接触するとエンカウントになります。

それぞれそれぞれ100円と金額も決して高くは無いので、経験値、資金稼ぎやストーリー進行を効率化するのに役立ちそうです。一方で使い方によっては本作の醍醐味である緊張感を損なう可能性もありますので注意!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。