シリーズ最高傑作でした!「デビルメイクライ5」クリア後の感想


やっとクリアしました、PS4版「デビル メイ クライ5」。もう楽しくて仕方がなかった!

過去の記事でも申し上げましたが、私管理人とにかくこのDMCシリーズ大好きでして。世間の評価を問わずどのシリーズも楽しんで参りましたが、こうも「ジャックポッド(大当たり)」続きだといつかは駄作にぶち当たってしまうのでは?と懸念しておりましたが、なんなら本作は過去最高の面白さでした。

本日はこの5作目の振り返りを。

※ネタバレについて、ストーリーの結末については触れておりませんが、クリア後の解放コンテンツについて記載があります。

下品で豪快!だけど時々センチメンタル…カッコ良すぎる愛すべきキャラクターたち

登場キャラクターは基本みんな不良。中指おっ立てて暴言吐いたり、子供のような挑発から罵り、下ネタまでなんでもあり。今日日私生活においてこんなにも清々しいほどの暴言を人に吐いたりしたことあっただろうか?CEROレーティングはDランクなので、17才未満の方、無菌状態のお子様はプレイを控えましょうね。

一作目から早くも20年近くも経過すればそりゃダンテだって老けるわけですが、まあすっかりワルいオヤジになったもので。というか、男が憧れる年の取り方をされていらっしゃる。

そして本作から新たに登場したキャラクター「ニコ」と「V(ブイ)」この二人も強烈。自称アーティストのニコは片腕を切断されたネロの義手を造る職人で、前作4でマッドサイエンティストとして登場したアグナスの娘。で、このニコのセリフがまた下品なこと。


生身の人間でありながら、悪魔に根性焼き入れてみたり、空から地面から愛車で登場したりとイケイケなキャラ。いや、DMCに出てくる女性キャラはこれまでもほぼ全員イケイケではあったけれど、ラテンのノリを感じさせるニコはこれまでに居なかったタイプで、こんな女友達居たら楽しそうだなという振る舞いでネロの相棒として大活躍。

そして忘れてはいけないネロ君。この子いつの間にかダンテから主役の座を奪いつつあるんですが、全くもって違和感なし。話の持って行き方が上手い、ダンテファンとしては寂しいけれど、ネロもすっげー応援するよ。

操作キャラがコロコロ変わるのに、維持されるモチベーション

本作は操作キャラがダンテ、ネロ、そして新キャラのブイと、特徴の全く異なる3人を使い回しながらミッションを進めていきます。

バリエーション豊かな攻撃、コンボが楽しめる一方で、近接、遠距離武器の切り替えやチャージ、左スティックのコマンド入力、ワイヤーアクション、使役モンスターとの共闘、チャージなどそれぞれの操作はやや複雑。

こりゃまた新しい操作覚えるの面倒だな…と切り替わったキャラクターを動かしてみると、それまで実現できなかった大胆な変化や強さから面倒臭さよりも楽しさが圧倒的に上回っています。スタンダードなネロからトリッキーで手数の多いブイに、続いて火力最強のダンテ。再びネロの使い易さに戻ったと思えば新たな能力が解放。

過去作においてもキャラクターローテーションはありましたが、ここまで大胆な操作性の違いやモチベーションの維持は無かったような。

2周目以降も楽しい!難易度は?

さて、デビルメイクライ5もクリアしたことだし積んでいたあれやこれや新しいゲームに着手するか!と言いたいところですが、2周目、3周目開始です。

ノーマル難易度「DEVIL HUNTER(デビルハンター)」をクリアすると解放される新たな難易度「SON OF SPARDA(サンオブスパーダ)」。

ただでさえ難易度の高い本作において、このモードはどれだけ厳しい戦いを強いられるのか?というと、体感的には登場する雑魚敵が強い敵に差し代わっている程度。基本的の動きは変わらないのと、1周目で強化された能力に加え、デビルトリガーによる魔人化やデビルブリンガーの使用が引き継がれた状態のため、なんなら俺TUEEプレイが楽しめます。

で、さらにそのあとに解放されるお馴染み「DANTE MUST DIE(ダンテマストダイ)」。これは激ムズ

雑魚敵も硬くなり、こちらが2〜3発ダメージを受けるとゲームオーバーに。ボスの行動パターンについてはほぼ熟知できている状態で、慎重に慎重を重ねなければクリアは難しいです。世間一般で言われる「死にゲー」に相当する強さかな、という印象です。

そしてさらにこの劇ムズモードであるダンテマストダイをクリアした後に解放されるのが「HEAVEN AND HELL(ヘブンアンドヘル)」モードと「HELL AND HELL(ヘルアンドヘル)」モード。

前者はこちらも相手も一撃で死ぬというモードで、慎重にプレイすれば特に難しいこともありませんが、後者についてはタイトル通り地獄です。

なにせ相手はいつも通りの硬さなのに加えて、ダメージを受けると一撃で死んでしまうという鬼畜仕様。しかもさらにひでーことに、このヘルアンドヘルモードをクリアしないことにはトロコンできないという意地悪カプコンさん。もはや何かの間違いなのでは?と思ってしまうほど。

Youtubeなどで一部のプレイヤーが同モードの攻略方法についてアップされていましたが、ぶっちゃけあんなに機敏に動けないから!このレベルまで行くとさすがに天才を通り越して変態ですね。私はこのヘルアンドヘルモードについては諦めようかと思っております、腰抜けと罵っていただいて構わない!

他にも演出、操作性、グラフィック、ユーザビリティどれも文句なし。とりあえず取ってつけのような余計なPVPオンライン要素も無し。シリーズ従来のソロゲーとして、ちゃんと筋の通った作りになっていました。

素晴らしい作品でした、DMC最高。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。