【まとめの金曜日】今週最も話題になったゲームランキング5本!(5/10)


今週もお疲れ様でした。

超大型連休が終わりましたね。久しぶりに出社してみると、皆まずは連休前にやっていた業務を思い出すところから。10日間というのはやはり長いようで、連休中ほぼ誰とも話さなかったため日本語がカタコトになるメンバー、令和早々離婚届けを提出していたメンバーなど、愉快な仲間たちと私管理人は仕事をしておりますよ。いや10日間というのは長いもんだ。

それでは今週も当サイトtwitterのフォロワー様が投稿されたタイトルについて真心込めて手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。

集計期間:5/3(金)〜5/9(木)

第5位:ドラゴンクエストビルダーズ2(PS4/NS)

第5位は、2018年12月20日に発売されたドラゴンクエストビルダーズ2。ここにきて急にどうした?と思ったら、ゴールデンウィーク期間中のセール対象ソフトだった模様。

さて、これ系のクラフトゲームは全然関係のないゲームの何かしらを造り上げてしまう方がいらっしゃいますが、今回はゼルダのマスターソードが収められている台座。ゼルダなのかビルダーズ2なのかマイクラなのかもうなんなのかよく分からなくなってきます。

第4位:Division2(PS4/Xbox One)

第4位は3月15日に発売されたDivision2。各種バランス調整に加え、最難関コンテンツとなる8人レイドが追加されるタイトルアップデートが近々行われるのだとか。さらに今後3回に分けて大きなタイトルアップデートも予定しているのだそうな。これは楽しみ。

私管理人は未だプレイできておらず、挑戦する土俵にすら上がれていないわけですが。

第3位:(コナミ)アーケードクラシックス アニバーサリーコレクション(PS4/Xbox One/NS)

第3位は4月18日発売のアーケードクラシックス アニバーサリーコレクション。グラディウスや沙羅曼蛇といった往年の名作たちが入っています。そういえば先日私はファミコンのスターソルジャーをクリアしたのですが、昔のゲームの難易度の高さたるや無情なレベル。高難易度のゲームに対して死にゲー死にゲーなどと言っている昨今ですが、今本当に旬な死にゲーはSEKIROじゃなくてこのアーケードクラシックスなのかもしれませんね。

第2位:SEKIRO(PS4)

3月22日の発売から1か月以上経過したものの未だ多くのプレイヤーにプレイされるSEKIROが今週2位。気が付けばトロコン率もなんと6%以上。マルチエンディングである本作において、エンディングの数だけ獲得できるトロフィーを全て集めるということは、それだけ周回クリアをするということ。先日最初のボスを倒せる確率も60%程という話を申し上げましたが、そこを乗り越えて何度もクリアする人が6%もいることに驚き。100人いたら6人、10,000人いたら600人、そして1億人いたら600万人もクリアするということなのだ。凄いぞ!

第1位:Days Gone(PS4)

今週第1位は4月26日に発売されたDays Gone、オープンワールドサバイバルアクションのゾンビゲーです。クラフト要素やステルスキルなどシステムはあの名作ラストオブアスに似ているけれど、なんと言ってもその違いは追い掛け回されるゾンビ(フリーカー)の数。実際に人間社会が崩壊した世界でゾンビの大群に襲われたらどこに隠れたらサバイブできるんでしょうね?

押入れとか?

次点:オクトパストラベラー(NS)

次点は2018年7月13日に発売されたオクトパストラベラー。こちらも第5位のドラクエビルダーズ2と同様ゴールデンウィーク期間中のセールによりググっと再浮上。気にはなっていたけれど、このタイミングでというプレイヤーが多かった印象。

さて、オクトパストラベラーは置いておいて、同作を買いに行ったつもりが塊魂を買ってしまったという可愛い方が。そういう方をなんだか私は大好きです。

今週は超大型新作タイトルは見られず、期間セール中の旧作、準新作タイトルのツイートが多かったように見られます。ゴールデンウィークの各種セールはほぼ終わってしまった模様ですが、完全新作ではなくても名作はいつ遊んでも面白いもの。来週は一体どのタイトルが盛り上がるのか?

それでは皆様、良い連休を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。
みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。