真・女神転生3 DLC「坊ちゃまの情け」(と、自動稼ぎ)をやってみた。


真・女神転生Vの発売を控え、積んでいた「真・女神転生Ⅲ ノクターンHDリマスター」を動かし始めました。

PS2版のノクターンマニアクスはプレイ済みなのに、どうして買って、そしてまた積んでしまうのだろうか。騙されやすい人間の典型例。騙されてたとしてもそれに気づかずに楽しく生きているので、私は幸せさ。

さて、このリマスター版には、経験値がジャブジャブ稼げてレベルがガンガン上がるという時短コンテンツ「坊ちゃまの情け」があるのだそうな。

けしからんDLCだと思う。

PS2のノクターンマニアクスの頃はそんな便利なコンテンツなぞなく、よりパラメータを上げたい人はレベルアップ時にマガタマを付け替えて、セーブ、ロードを繰り返したものだ。それに対してなんという甘やかしコンテンツ。そんなことして楽しいのか?私は問いたい。

楽しそうですね。購入いたしました。

だけど、この「坊ちゃまの情け」とは具体的にどういった内容なのか、どの程度効率的に経験値稼ぎができるのか?

試してみました。

坊ちゃまの情け、ゲーム開始1時間くらいで利用可能に。

このチート的DLC「坊ちゃまの情け」とは、どのタイミングで利用できるようになるのか?

購入して本編を起動したら、ターミナルの「転送」で「悪魔が生まれた場所」を選択すれば良いとの説明が。なるほど。

それじゃ、具体的にいつからプレイできるようになるのですか?という話である。

この手のDLCは、ボスが倒せない人に優しく手引きして差し上げるためのものなどではないのだ。通常のプレイでは体験できない非現実性、そこに痺れ憧れるのである。

実際いつからプレイできるかというと、以下の通り。

東京受胎が起きてシンジュク衛生病院を抜け、アマラ経絡を抜けてギンザに到着、セーブポイントであるターミナルが一度訪れたことのあるスポットへ転送できる状態に。ここで本DLCの実施エリアである「悪魔の生まれた場所」に転送できるようになるんですね。

到達時間で言えばゲーム開始から1時間ほど、つまり序盤ですね。大変よろしい。そこまで分かればもうDLCで遊び終えたようなものです。満足!

御魂を倒して「魔導書」をドロップ、使用することで経験値大量ゲット。

いや、全然満足じゃなかった。実際に「坊っちゃまの情け」とはどんな内容なのか?プレイしてみないことには。

転送機で「悪魔の生まれた場所」に行くと、そこはシンジュク衛生病院なのか、どこか既視感のある場所。

ここに登場するニギミタマ、サキミタマを倒すと、経験値が獲得できる「魔導書・薄」「魔導書・厚」どちらかをドロップ。

これが浅草のサキミタマ。

移動中にアイテムとして使用すると、「魔道書・薄」は、次のレベルアップまでに必要な経験値の20%を、「魔道書・厚」は100%を獲得。

ただしレベルアップは戦闘終了時に行われ、いずれも残りの経験値は1だけ残るので、アイテムを使ったら一度戦闘を行ってからレベルを上げる流れ。

「魔導書・薄」の方がドロップ率が高いけれど、「厚」の方もそれなりにポロポロ落としてくれる。体感的には20〜30%くらいは「厚」を落としてくれる印象。

レベル99になってしまっても、それ以上強くならないということは無いので大丈夫。

魔道書をドロップするミタマのHPは6。最初は1ずつくらいのダメージしか与えられないけれど、レベル10そこそこで開始しても1〜2時間であっという間にレベル99に。

かくしてレベル99に到達した人修羅。(もっとかっこいい名前にすれば良かった)

この女神転生3は、一定のレベルに到達した状態で、レベルアップ時に装備しているマガタマに備わったスキルを習得することができる育成システム。

それじゃ、レベルが最大の99になってしまうとそれ以上レベルは上がらなくなり、結果としてスキルを習得できなくなってしまうのでは?

ご安心ください、レベルが99になった後でも、一定の経験値を得ることで最大255までレベルアップでき、パラメータの強化もスキルの習得も可能。(ただし、レベル表示は99のまま)

それじゃステータスが全てMAXになってしまったら、今度こそレベルが上がらないんじゃないの!?

今更ディアを習得した山田太郎。

これもご安心を、パラメータが全てMAXになっても、やはり一定の経験値を獲得することでレベルアップでき、スキルも習得可能。じゃ、最大レベル255まで上がったら、そこまでに未習得だったスキルは覚えられないか?というのは、検証していませんのでどなたか親切な方教えていただけると嬉しいです。(他力本願)

そして、レベルが99にでもなる頃には当然ミタマは一撃で倒せるようになるので、どんどん効率は上がっていきます。

あらゆるバランスが崩れ去っていく。

さて、この坊ちゃんの情けで遊んでいるうちに、さらに効率的に魔導書を稼ぐには、仲魔もある程度強化しながらが良さそうという結論に至りました。頑張っていきたいと思います。

主人公のレベルが99にでもなってしまったので、強い仲魔を合体しまくりです。

レベル35の悪魔とな。良いじゃないか。

ストーリーの進行状況としては、周囲の敵レベルは10そこそこ。この時点でレベル35以上の悪魔を作るだけでも楽勝になること必至。

ところが、その時歴史が動いた。

ん?

どうも、僕です。

満月の状態で悪魔合体をした結果、メガテン名物合体事故が発生し、レベル90のミカエル誕生。

周りよりもちょっと強い悪魔などではなく、とんでもない悪魔が出てきてしまいました。うちの山田太郎のレベルを99にしちゃったからだきっと。

このミカエル、そもそものステータスが超強い上に、戦闘終了後に全回復してしまうスキル「勝利の雄叫び」を持っているので、持ちスキルのデスバウンドもメギドラオンも使い放題。

魔法全般に強く、敵の攻撃も全然効かない。

片腹痛いわ。

DLCで、自動経験値(魔道書)稼ぎを試してみる。

これで経験値をがっぽり稼げることは分かったので、例によって連射パッドを使って放置稼ぎを試してみることに。

レベルが99になる頃にはDLCのステージに登場する敵はもちろん雑魚と化すわけですが、それでも戦闘を繰り返せばダメージは蓄積されていくわけで。

そこで、ギンザで仲魔になるエンジェルが所持している、戦闘終了後にHPが自動で回復する「勝利の息吹」や、同じくギンザで仲魔になるジャックフロストなどが所持している歩くとHPが回復する「息吹の具足」を持つ悪魔を作っておくと、生存確率がグンと上がります。

主人公はその時点で入手できる「イヨマンテ」から勝利の息吹を習得可能。習得に必要なレベルは36ですが、本DLCを使えばもちろんあっという間。

あとは連射機能付きコントローラーと輪ゴムで、Aボタン連打状態にして放置してみましょう。理科の実験みたいなノリでやっていきたいと思います。

このコントローラーはセットしておくと勝手にボタン連打機能を持続してくれるので、あらゆるゲームにおいてオートレベル上げなどに大変なお役立ちなのです。

あとは好きなだけ放置して、空いた時間で撮り溜めたドラマを見るなり他のゲームをするなり、好きな時間をお過ごしください。

私はジョギングをしてきます。

この日ハーフマラソンの距離を走破。

2時間ほど放置してみましたが、いったいどのくらい魔道書を獲得できていたのか?

汗をダラダラかきながら部屋に戻って確認した結果がこちら。

大量の魔道書を獲得!

「魔導書・厚」は95個、「魔導書・薄」は99個溜まっていました。

そして、「勝利の息吹」も「息吹の具足」も持っていない仲魔は残念ながら少しずつダメージを受けていたようで既に倒され、ストックに戻っていました。

リベラマを使ったり、もう少し効率化できるかもしれないけれど、放置で稼ぐ場合はこんなもんかな。

当然その後ゲームバランスは大崩壊。運動会で騎馬戦の競技に対して戦車で参加するような感覚とでも言いますか。戦車運転したことないけれど。

以上、使ってみよう、DLCのコーナーでした。女神転生Vをプレイする前に、この真・女神転生3を楽々クリアしておきたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。