始めよう!バトルロイヤル「スーパーマリオ35」1位になる3つのコツは?


Switch「SUPER MARIO BROS. 35(スーパーマリオブラザーズ 35)」が2020年10月1日 10時過ぎから配信開始されました。あの2Dスーパーマリオブラザーズのステージを35人のプレイヤーと駆け抜け、最後まで生き延びたら勝ちというバトルロイヤル形式。

早速大勢のプレイヤーで盛り上がっているようですが、私は昭和生まれのマリオ育ちなので、これは正直自信がありますよ!マリオの慣性はもう体に十分馴染んでいる。マリオとは走って飛び、飛んでは走る。シンプルなのだ。意気揚々に開始した結果、なかなか良い成績になりました。今回ばかりは偉そうこかせていただきたく、勝てない!とお悩みの方、初心者の方でも心がけできそうなコツについてご紹介します。

スーパーマリオブラザーズ 35、どこでダウンロードする?

とにもかくにもまずはスーマリ35をダウンロードしてみないことには。

まずはスイッチをインターネットに接続して起動、「ニンテンドーeショップ」にアクセス。

今だと「ピックアップ」などでeショップのTOPにデカデカと出てくるので迷うことは無いと思いますが、「35」とかで検索しても表示されるので、あとは画面に従ってダウンロードしましょう。

※前提として、月額サービス「NintendoSwitch Online」に加入しておく必要があります。

ファミコンやスーファミなどのレトロゲームが遊べたり、ニンテンドーソフト2本が9,980円でダウンロードできるカタログチケット、対応ソフトでフレンドとのオンラインプレイが楽しめたりと、私は重宝しています。

スーパーマリオブラザーズ 35、どうすれば勝ち?ルールは?

スーパーマリオブラザーズ 35のルールについて。

シンプルに「タイムアップしないように生き残る」これがゲームの目的です。

その中で、敵を倒すと別プレイヤーの画面に登場させたり、残り秒数が追加になったりします。これを上手く活用して生き残るというわけですね。

早速メインコンテンツ「35人バトル」をプレイしてみた。

それでは早速プレイ開始。

まずはメインコンテンツである35人バトルから。

右も左も分からないけれど、とりあえず慣れ親しんだ2Dマリオのステージを駆け抜ければ良いんだね。昭和生まれマリオ育ちを侮るなかれ。

あっという間にマッチングもでき、ゲーム開始!

左右に表示されている34名のライバルたちが次々に脱落。ふふふ、あっさり脱落するのは3Dグラフィック育ちの若い衆かしら。(本当は見ている余裕なし)おなじみのステージを飛んで跳ねて敵を倒していったものの、まだ勝手が分からずまさかのタイムアップ!

それでも初戦で5位はなかなかの健闘じゃなかろうか。

モタモタしていると時間がどんどん過ぎていくから、敵も倒して時間を増やしていく必要があるんだね。要領は掴めてきた。続けてみよう。

2回目はまさかのステージ落下、3回目はボスステージの狭い通路で敵の軍勢に捕まりフィニッシュ。

そして4回目…!

ついに1位獲得!

4回目で1位を取れるのはなかなかなんじゃないですか!?FORTNITEだとかFPSだとか他のオンラインゲーではからきしダメなんだから、こんな時くらい自慢させてもらっても良いじゃないか!

ランクすげー上がった。

その後立て続けに7〜8回ほどトライした結果がこちら。

凡ミスを挟みながらも概ね上位をキープ、これは上手な方と言えるのではないでしょうか?上手だと言わせてください。

1位になるコツは?

シンプルなルールを人と一緒に競争するのはとても楽しい!が、もちろん当然上手い人もたくさんいらっしゃるわけで。4回目で初めて1位を獲得するまでに、自分がどこで負けたのか?振り返ってみることにします。

1回目:タイムオーバー
2回目:凡ミス(落下)
3回目:ボス面の通路で敵の軍勢にやられた

特に苦手なエリアでモタついてしまうのは仕方がない。そこで、コース上で残り秒数を加算できるものは極力取っていくことを心がけるようにしました。

以上を踏まえ、下記3点を意識することで、その後も何度か1位を獲得することができました。

・ファイアーマリオで蹴散らしつつ、フラワーはきちんと回収!
・スターは必ず取る!
・ライバルの様子は気にしない!

これに尽きます。私より上手なプレイヤーは別の策をお持ちかもしれませんが、本当にこんなもんでそこそこ勝てる。

何度も同じステージを繰り返すことになりますが、ファイアーマリオになっているからと言ってフラワーの獲得は絶対に怠らないこと。敵一体で1〜2秒稼げるのに対してファイアーマリオ時にフラワーを獲得すると15秒も増加。

あとは、敵を倒すとライバルのステージに出現させることができ、上手くいけばKOさせることができますが、そこにあまり囚われないのが重要かもしれません。「アイツに攻撃を仕掛けよう!」とか「あの人、こっちに攻撃してきた!」とか、相手の動きは気にせず、とにかく自分が生き残る。ここに集中します。

あとはスターの場所はちゃんと知っておくこと。特に繰り返し登場するステージ1のスターは必ず取って、敵を蹴散らす!

今後熟練プレイヤーが増えていくことも予想され、そうなってくると対策も改める必要があるかもしれませんが、差し当たっては上記の意識で上位に生き残ることができるのでは?と、マリオ慣れプレイヤーは思います。

最後に、2Dマリオに慣れている昭和世代はそれだけでアドバンテージかもしれません。スプラトゥーンフォートナイトやら、今風のゲームで若い衆にボコされている昭和生まれの兄さん姉さん方、今こそ年の功を見せつけてやる時かもしれませんよ!

この心がけだけで、さらに慣れてきた!


この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。