PS5発売日の店頭販売予定は?地元のゲームショップに聞いてみた。


PS5が欲しい。

娘の七五三で、お寺の本堂でご祈祷していただている最中も「PS5が発売日にお店で買えないかな…」とか、健やかな成長そっちのけで不覚にも思い出してしまうほど欲しい。(もちろん健やかな成長も祈って参りましたよ!)神聖な場で邪念を生まないためにもPS5をなんとか手に入れることはできないものか?

ビックカメラやヨドバシカメラなどの大手家電量販店では早くも予約抽選が終了し、発売日の販売は基本未定という情報があったけれど、量販店とは異なる作法を持つ地元のゲームショップはどうなのか?もしかしたら、発売日に若干数店頭販売分を納品したりするかもしれない!また、あまりフォーカスされていないゲーム取り扱い店は?

調べてみました。

府中のトイザらスはまさかの閉店!

降り立ったのは私管理人の住む東京は調布市のすぐ隣にある府中駅。

緑と賑わいが調和した街、府中の大國魂神社前。

府中競馬場や由緒正しき大國魂神社などもあり、あの小室哲哉さんやIZAMさんの出身地でもある府中市には少なからずゲームショップも散在。小室さんも鼻歌でも歌いながらゲームショップでファミコンのカセットとかを物色していたのかもしれませんね、知らんけど。

そんな昔ながらのゲームショップの他に、駅ビル「くるる」にはトイザらスもあったのだ。私はここで発売日にPS Vitaを買ったのだった。PS5もしれっと発売日当日に入荷するんじゃないのか?と思い足を運んでびっくり仰天。

ここはゲーセン…?

なんと、これまでくるる地下2階フロアいっぱいに店を構えていたトイザらスは2020年3月で閉店してしまい、新たにタイトーステーションに変わってしまっていた。しかもこのタイトーステーション、なんでもトイザらス跡地の広大な敷地いっぱいの面積にクレーンゲームを設置しまくり、その数はギネスに認定されたのだそうな。なんでもありだなギネス。

その昔、娘がまだバブバブ言ってた頃にベビーカーを転がしてオモチャを買ったり、自転車を買ったりしたあのトイザらスが閉店してしまったとは…。PS5の予約が総ハズレしたのと同様の衝撃。

府中ゲームショップ「サンソフト」、PS5発売日店頭販売についてはっきり名言!

寂しさに心くじけそうになりつつもやっとのことで自分を取り戻してゲームショップ散策へ。

まずは府中駅の目と鼻の先にあるゲームショップ「サンソフト」。かなり年季の入った佇まいで、地元民のゲーム 地元密着感を醸し出していますが、こういうお店が良いんですね。きっとIZAMさんも時々スーファミのソフトを物色していたに違いない。

店頭には「プレイステーション2」「ドリームキャスト」「ニンテンドウ」の文字が。ニンテンドウ何だろうか。35とか?かれこれ20年も前のハードを高々と掲げている時点で不安を誘う店構えではありますが、店頭には最新ソフトのポスターも貼っており、狭いながらも(失礼)新品中古豊富に取り揃えられてございましてよ。

ということで、早速店内に入り、店員さんへ聞き込み。

Q:現在PS5の予約はしている?
A:初回入荷予定分は全てご予約で終わってしまいました
Q:発売日の店頭販売は?
A:申し訳ありませんが、発売日のPS5本体の販売はありません

なるほど、左様でございますか。予約が既に終了していたのは覚悟していたけれど、発売日当日の店頭販売については、はっきりと「ない」と名言いただけました。ここまでバシッと回答されるとですね、そりゃ食い下がっても仕方ありませんわ。あと、店員さんが今風の爽やかなメンズだった。

ゲームショップ「ぼぶ」も発売日の入荷は無し!

続きまして、同じく府中は大國魂神社の通りをまっすぐ東へ向かった先にあるゲームショップ「ぼぶ」。ロゴのゴリラくんの名前なんですかね、ボブ。

こちらは新しいタイトルの他にもレトロゲームやジャンクグッズがもう少しギッシリ敷き詰められている感じ。

Q:現在PS5の予約はしている?
A:初回入荷予定分は全てご予約で終わってしまいました
Q:発売日の店頭販売は?
A:無いですね。全て終わってしまったんで

こちらも発売日当日予約枠以外のPS5入荷は「無い」とはっきりご回答、それはもう突き返されるように。

ということで、府中駅周辺の地元ゲームショップ、PS5発売日当日の店頭販売は全滅。

そういえば、西友ってゲームも取り扱っているけど、PS5どうなの?

府中を後にしてわが街調布に戻って気づいたのですが、台所事情をサポートしてくれているダークホースSEIYU(西友)に聞いてみるのを忘れていた。

実は西友には玩具フロアもあり、人気のカードゲーム筐体や各種オモチャから子供用の文房具、そしてゲームソフト、ハードまで幅広く取り揃えてございましてよ。

ただし、おもちゃフロアにそこそこの面積を確保している割には2020年現在PSPやPS3の新品が置かれたまま。10年前のあの頃と同じパッケージは、店内の蛍光灯に焼けてしまい、すっかり黄ばんでしまっている。その割にほぼ定価での販売という強気な姿勢。確かキャッチコピーは「カカク ヤスク」「ゼッタイ鮮度」だった気がするけれど、生鮮食品を意識するあまり、ゲームにまでは気が回らなかったということか。忙しいですもんね。しょうがないですよね。

で、このおもちゃ売り場の店員さんへ伺ってみたところ、「PS5?それは詰め合わせセットか何かの商品番号ですか?」とか聞かれると思ったら、丁寧に教えてくださいました。

Q:PS5の予約は?
A:申し訳ございません、PS5の予約は行わないということが、本部から言われておりまして…
Q:発売日の店頭販売は?
A:今のところ未定でございます。入荷するかもしれないししないかもしれない。当店へは全く情報が来ていない状態でございますが、おそらく難しいんじゃないかな、と思います。

とても丁寧に教えてくださいました。

ということで、残念ながら西友も予約は不可で、当日入荷は不明。(おそらく入荷は難しい)

今回の調査ではごく一部のエリアに絞ったものなので全国のゲームショップでの状況は不明ですが、発売日に入手したい場合、期待薄に第二陣の予約開始発表を注意深く待つのが賢明そう。

それはそうと、PS5が売っていなかったことよりも、トイザらスが閉店してしまったことの方がショックだったりするのだけど。まったく世知辛い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。