MFi対応アプリかどうかの見分け方は無い?スクエニゲームを調べてみた。


Switch修理中はPS5そっちのけでスマホゲーばかりいじっておりましたが、iPhone用のゲームパッドが気になって衝動買い。

とりあえずレビューでの評価を鵜呑みにして購入したのがMFi認証ゲームパッド「GameSir X2 lightning」。

中華系スマートフォンゲームパッドの中では知名度人気度共に高いようですが、実際スマホのゲームを快適に遊べるのか?

ていうかMFiって何ですか?

という疑問に始まり、みんな大好きスクエニの有名タイトルをいくつか動かしてみました。

※iPhone11 iOS15.1にて、2021年12月現在の確認です。

iphone対応ゲームパッド「GameSir X2 lightning」を買ってみた。

今回使用したMFiゲームパッド「GameSir X2 lightning」はAmazonで注文した翌日に到着した。

お急ぎ便じゃなくしたはずだけど…

中華系デバイスなので「箱がフルボッコで来る」というレポートが多かったけれど、実際に到着してみるとボッコ程度だった。どんぶらこと海を渡る時の波が穏やかだったのかな。(多分そういうことではない)

そもそも「MFi」とは何ですか?

「Made For iPhone/iPad/iPod」の略称で、Apple様公認の「iOSデバイスに準拠したデバイス」の意味。

ゲームパッド以外にもカーナビやオーディオなどの機器にも当てはめることができるデバイス全般を意味し、Apple製品との互換性を保障するもの。

早速iPhoneに繋いでみることに。

lightening端子をiPhoneに差し込んで左右のパッドを挟み込むスタイルですね、これならサイズが縛られることなく現役多くのiPhoneが対応できそう。

iPhoneにインストールされていたゲームを起動してみると、特に設定が必要になるわけでもなく、そのままボタンを押下したら普通にゲームできた。

もちろん「設定」からキーアサインも可能だけど、ここまで何事も無いかのようにほぼ設定不要で使える互換性だったとは。

所持している有名ゲームを起動してみる。快適!だが…

がしかし、全てのゲームが同じように何もせずとも想定通りに動くわけでもなく。

大好きなFFTは非対応らしく、うんともすんとも言わず。

PS1プレイ時にやり込み度の高さや久しく見ていない中世ヨーロッパを思わせるファンタジーな、陰謀や裏切り渦巻く世界にそれは大変感銘を受けた名作、10年くらい前に配信開始されて反射的に購入したファイナルファンタジータクティクスは、パッドを動かしても全く反応せず。

これは物理ボタンでぜひともプレイしたかった。

他のFFシリーズも見てみよう。

今はピクセルリマスターが主流となってしまったファミコンオリジナルのFF2旧アプリに至っては、MFiパッドで動かないどころか画面の回転ロックを解除してもなぜか逆さまになったままの始末。

同じデベロッパーだから何でもかんでもMFiパッドが使えるわけでもないのだね。

MFi対応していたり、中途半端だったり、見分けは困難?

それじゃ、いったいどのアプリがMFiコントローラーに対応しているのか?

App Storeの各アプリ紹介ページに「MFi対応!」と書いていることもあるけれど、あくまでデベロッパーの任意で、どのアプリもApp Storeの詳細ページにご親切に記載してくれているわけでもなさそう。

しかも実際対応と言ってはいても、コントローラーによっては変なキーアサインだったり、部分的には画面タップだったりと完全対応していないものもある。

ということで、今回は購入したMFiゲームパッドGameSir X2 lightningで、いくつか所持していたスクエニアプリを試した結果を一覧でご紹介したく。

リリース日タイトル対応/非対応App Storeに記載の有無詳細
2010年聖剣伝説2バージョン履歴にゲームパッドへの対応記載あり快適。
2011年クロノ・トリガーバージョン履歴にゲームパッドへの対応記載あり快適。
2011年FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争×なし動かず。
2011年FINAL FANTASY Ⅲ(3D REMAKE)バージョン履歴に一部ゲームパッドへの対応記載あり表記が無いけれど、こっそり対応している。ただし移動は左レバーではなく十字キー。
2012年FINAL FANTASY Ⅱ(旧Ver.)×非公開のため確認不可未対応どころか、画面ロックを解除しても、画面が反対になってしまう。
2012年FINAL FANTASY Ⅳ(3D REMAKE)バージョン履歴に一部ゲームパッドへの対応記載あり表記が無いけれど、こっそり対応している。ただし移動は左レバーではなく十字キー。
2013年FINAL FANTASY Ⅴ(旧Ver.)非公開のため確認不可表記が無いけれど、こっそり対応している。ただし移動は左レバーではなく十字キー。
2014年FINAL FANTASY Ⅵ(旧Ver.)非公開のため確認不可表記が無いけれど、こっそり対応している。ただし移動は左レバーではなく十字キー。
2015年ドラゴンクエストⅥ×なし動かず。縦画面だしそりゃそうか。
2015年FINAL FANTASY Ⅶなし対応の記載は無いけど快適。
2016年ロマンシング サガ2なし動くけれど、十字キーでメニューが開いたりとキーアサインがヘンテコ。
2018年ヴァルキリープロファイル詳細情報に一部対応の記載ありR1でメニューが開いたり、メニュー画面ではタップだったりと部分的に対応。記載はあり。
2018年サガ スカーレット グレイス 緋色の野望なし快適。
2019年ロマンシング サガ3なし快適。

結論としては、以下のような感じでしょうかね。

・対応していても、パッドによってはキーアサインの怪しいものもある。
・ここ2〜3年以降に発売されたものは、割と標準対応している?
・古いものでもバージョンアップで対応になるものも多い。
・どのアプリがMFiパッドに対応しているかは商品紹介やバージョン履歴記載に頼るしかない。

MFiパッド対応アプリを紹介しているGame Controller Appsなるアプリもあったけれど、見てみたら実際にはゲームパッドで動いたアプリが掲載されていなかったりとどういう判別かはよくわからず、網羅的にカバーしているわけでもなさそう。

ただし、特に新しいものは思った以上に標準対応してくれていて、これまでは親指で画面が隠れてしまいがちだったスマホゲームも快適にプレイすることができました。遊びの幅が広がったかも。

※知見のある方、理解違いましたら、コメント欄にご指摘、ご加筆いただければと思います…!

この記事へのコメント

  1. 非常にタメになりました!今ちょうどコントローラーを買おうと思ってたのですが、対応してなかったらショックなので悩んでます。ブラウザゲーとか.io系のゲームとかって対応しているのでしょうか?

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。