SFCの「隠れ名作RPG」マイナータイトル5本を語り合いました。


寄り道、やり込み要素が強い「ジャングルウォーズ2」

O「「ジャングルウォーズ2」はどうでしょう?」

私「途中で止めちゃったんですよね。」
M「勿体無い!名作です。良いチョイス。
O「ですよね?当時にしては珍しく寄り道要素豊富じゃないですか?金貯めまくって家とか車とか買ったり。」
私「なにそれ、そんなの出てくるんだ!」
M「そうですよー。あとはオークションも面白いですよね。メチャクチャ強い装備品手に入ったりして。」

O「レベル上限は100超えたり、クリア後に天下一武道会みたいな大会が開催されて、ラスボス出てくるみたいな(笑)
私「なんかノリが桃伝(桃太郎伝説)っぽいちょいバカゲーなのかな?と思ったんだけど。」
M「とんでもない!普通に良作です。」
私「ゲームボーイのジャングルウォーズは何度もクリアしたんですが。」

O「もっと面白い、帰ったらやってください。Amazonでポチってください(笑)」
私「そんなに?(笑)」
M「やり込み好きなら尚更ですね。ストーリーは1と同じ感じでジャングルの平和を守ろうぜ!みたいな定番のノリです。」

O「1と同じですね。」
M「あと仲間の猿は前回みたいな遊び人キャラじゃなくて、今回は頼もしい(笑)
私「ゲームボーイ版弱かったですもんね…。」

骨太アドベンチャーRPG「ミスティックアーク」

M「エニックスの「ミスティックアーク」とかどうでしょう?」

私「ああ、それも持ってたけどクリアしてないです(笑)」
M「勿体無い!!
O「アドベンチャーっぽいやつでしたっけ?ヒントを探しながら部屋を歩き回って道を切り開く的な。」
M「そうそう。RPGなんだけど、謎解きの要素がかなり強かった。あとヒントが結構少ない。

O「見つけた時の喜び半端ないですけどね。」
私「僕それで挫折して終わった気がします。レベルだけはどんどん上がって行った気がする。」
M「ストーリーや世界観も独特ですよね。なんというか孤独。」
O「おとぎ話みたいな世界観。フィギュアにされた仲間も主人公も、背景が一切語られず、短編集みたいな物語をとにかく淡々と進めて行く。」
私「攻略サイト見ちゃいそう。」
M「頼って良いと思います。自力でやるのはなかなか至難の技です。」

O「仲間にアークと呼ばれる精霊みたいなものを宿して、フィギュアから実体へ変えてパーティーに参加させたり、結構ドライです。」
私「主人公も仲間も全く喋らないんですよね確か。」
M「そこがミステリアスさを助長している気がする。」
O「戦闘なんかは割とシンプルでしたよね。」

私「あと他に何かマイナーなタイトルってありますか?」
O「ロマサガとかはメジャーですし…。」
M「「ラブクエスト」!」

私「Mさん、面白いゲームです(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。