[GOW劇場]クレイトス様が日本のハロウィン文化に物申す!


10月末、世の中すっかりハロウィンモードです。コスプレしたりカボチャを飾ったり、十数年前までこんな風習あっただろうか?と思うほどそのテンションや文化になかなか馴染めずにいます。しかし、この浮かれた雰囲気に違和感を感じる男がもうひとり、その名も「クレイトス」。PS4「ゴッド・オブ・ウォー」の主人公にして硬派なる男。

このクレイトス兄貴が、世の浮ついた風潮に一言物申すそうです。


父ちゃん、10月31日はハロウィンだよ。

はろうぃん…。

息子よ、何だそれは?

みんなで楽しく仮装するんだよ。

本来は悪霊を追い払うお祭りなんだって。

悪霊を追い払うとは聞き捨てならないね…

むっ、誰だ!

通りすがりのババアさ。

おばあちゃん、その変な格好、まだハロウィンには早いよ?

なんだい、可愛い顔して失礼な坊やだね。

ババアよ教えてくれ。ハロウィンとは何なのだ。

子供がいながらハロウィンも知らないとは、父親失格だね。

こいつをごらん。

これがハロウィン。

こいつがハロウィン…。

そしてこれがメタリカだ。

そういえば聞いたことがある、ヘビメタという音楽があるらしいな。

お前…今なんて言ったんだい?

「ヘビメタ」のことか?

このバカタレがー!

イター!

何をするんだこのババア!

何をするんだじゃないこのハゲ親父が!

いいかいよくお聞き。「ヘビメタ」っていうのは蔑称のようなものなんだよ!

ヘヴィメタルのことは、「ヘヴィメタル」とか「メタル」とか呼んであげるのがメタラーに対する流儀というものさ…。

そうだったのか。

あと、メタラーに「グリーンデイ」とか「フォールアウトボーイ」とか、敵対関係にあるパンクの話はタブーだ。

(この人たち、もうハロウィンの話してない…。)

今度メタル好きの人に会ったら、こう言っておあげ。

BURRN!(メタル雑誌)の表紙は、もはやロン毛とハゲのおじいちゃんばっかり!

お前も十分ババアだろうが!

ふふふ。まあみんなで仮装して練り歩くのは楽しいんだろうさ。

だけど、忘れちゃいけないこともあろうよ。いいかい?

ハロウィンするなら…

ゴミ拾え!

親子の旅は続く。


この記事へのコメント

  1. クレイトスさんが
    メタルゴッドことロブ・ハルフォードに
    見えてきましたw

    3+
  2. 高校時の愛読書のひとつでした。BURRN!
    ハロウィンから派生してガンマレイ、超絶ギターのインペリテリ、そして我がブラインドガーディアンに繋がっていきました。Stay METAL !

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。