【まとめの金曜日】今週twitterで最も盛り上がったゲームランキング5本!(1/4)


年末年始、新規タイトルこそ発売は少なかったようですが、お正月休みや家族での交流にゲームが活用されていた印象です。

我が家はと申しますと、PS4の「ジャッジアイズ:死神の遺言」をプレイ中。ゲームは全く関心は無いけれど、サスペンス好きな元ジャニヲタの妻が珍しく食いついたため、チンピラに絡まれると私にバトンタッチしながらビール片手にプレイ、いかにも正月らしい休みを満喫しておりました。

それでは今週当サイトtwitterのフォロワー様の間で最も盛り上がった上位5タイトルについてです。

集計期間:12/28(金)〜1/3(木)

第5位:ゲームショップの初売り

第5位はプレイ中のゲームではなく、ゲームショップでの 「戦利品(購入品)」報告が多めでした。初売りセールや福袋など、年始は各販売店での企画も多く、新作からレトロゲームまで様々。販売員の皆様、年明け早々から本当にお疲れ様です。ダラダラとはいえ帰省したり餅を食べたり初詣に行ったりと、お正月って何かと忙しいのかもしれませんね。

さて、私も先日レトロゲームショップ「スーパーポテト」で、ファミコンソフト2000円分の福袋を購入して参りました。中身については後日改めて当サイトでご報告させて頂こうかと。一体何が入っているのか!?現在私も未だ未開封、敢えて自分をも焦らしております!

第4位:スプラトゥーン2(NS)

第4位はスイッチの「スプラトゥーン2」。発売は一昨年の夏でありながら、クリスマス以降継続してタイムラインに登場。

そういえば、私管理人の住むマンションのロビーでも小学校3〜4年生くらいの男の子が集まってやっているのがこのスプラトゥーン2。そうか、君たち冬休みなのね。かれこれ30年も前の話ですが、こうやってみんなで集まってゲームするという遊びは当時と何ら変わらず。おじさんも参加したい!と声をかけたい気持ちをグッとこらえて、お雑煮用の餅を買いにいくのです。

第3位:JUDGE EYES:死神の遺言(PS4)

第3位は先週と同じく、12月13日に発売された「JUDGE EYES:死神の遺言」

どうしてもキムタクがクローズアップされがちですが、他のキャラクターも皆魅力的。その中のひとり、キムタク演じる主人公八神の古巣、源田弁護士事務所で働く女性「城崎さおり」。普段ボサボサ頭で身だしなみには無頓着な彼女が水着になるというDLCが公開!

第2位:大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(NS)

第2位は12月7日に発売されたスイッチ「第乱闘スマッシュブラザーズ2」。正月に親戚一同集まり、スマブラ大会をするという極めて正しく理想的な使い方をしている方が多め。

私も叔父になった身ですが、「どれどれおじさんもやってみようじゃないか」なんつって乱入したいところではありましたが、私の甥はゲームに全く興味が無く、今年は親戚の集まりも無かったため、自宅で大人しくこちらから出していなかった方から来た年賀状にせっせと返事を書いているところです。

第1位:ドラゴンクエストビルダーズ2(PS4/NS)

今週最もtwitterで盛り上がりを見せたタイトルは、12月20日に発売されたスイッチ「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」でした。冬休みのこのタイミングでやり込みまくり、自分の村作りまくりの模様です。

着々とクリア報告もあがっており、なんと結末を公開してしまうtwitterユーザーも!うん、twitter見ていた私も悪いです。私も悪いんですけどね。それを見て「空っぽなのは「島」じゃなくて私の心だよ!」と叫びたい気持ちですが、上手くも何ともないですか。

次点:ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online(NS)

上記5タイトルに続いてタイムラインに挙がったのが、「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」。やはり人が集まるお正月に大活躍するスイッチ。

で、ゼルダは一人用だし、スマブラは結構操作難しいし…となると、やっぱり遊ばれるのはそう、結局はファミコンのゲームなんですね。特にドクターマリオなんかはゲーム素人でもルールが分かれば操作も簡単。そうしてゲーム素人にコテンパンにやられるわけですよ、パズルゲーの苦手な私なんかは。

来週からいよいよ学校、会社が再開する方も多いのでは無いでしょうか。自堕落な生活に一旦区切りが必要ですが、仕事あってのゲーム。働いて稼ぎ、次の正月に備えましょう。あと361日!

それでは皆さま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。
みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。