PS4「ジャンプフォース」何が不満だった?プレイヤーに聞いてみました。


2月14日にPS4、Xbox Oneよりジャンプ有名作品のキャラクター達が参加の3D格闘アクション「JUMP FORCE(ジャンプフォース)」が発売されました。

ところが、メタスコアや各種ECサイト、レビューサイトの評価は厳しめ。その理由はシステムやタイトルのラインナップ、ユーザビリティ面など様々。そして私管理人の知人にも購入者が。ワンピースやジョジョ、ドラゴンボールなどが好きなジャンプっ子の彼もやはり本作に対しては不満だったのだとか。

その理由、感想を伺って参りました。

ジャンプフォースについて語るメンバー紹介

私:管理人
20161231061979年生まれ
男性
既婚(娘4歳)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等
プレイ中のゲームはPS4「キングダムハーツ」と「キャサリン・フルボディ」、そしてスイッチ「テイルズオブヴェスペリア」。ジャンプフォースはそもそもタイトルのラインナップやジャンルそのものに関心が薄く、保留。

M氏
20170109101974年生まれ
男性
未婚
趣味:ゲーム、音楽
職業:技術職
好きなゲーム:FPS、死にゲーアクション、JRPG、格闘ゲーム
夜になるといつもPS4かSwitchかがオンライン状態。おしゃべりで優しいアニキ。プレイ中のゲームは「Apex Legends」と「バイオハザードRE:2」。ジャンプフォースは参戦タイトルへの関心度と事前情報から保留。

O氏(ジャンプフォース購入)
20170310111984年生まれ
男性
既婚
趣味:ゲーム、サッカー、スポーツ観戦
職業:営業
好きなタイトル:JRPG、スポーツ、アクション
M氏の会社後輩。元ラガーマン。ワンピース、ドラゴンボール、るろうに剣心、ハンターハンターなどいずれも大好きな生粋のジャンプっ子。ところが、プレイしてみた感想としては想像から大きくかけ離れた内容だったのだとか。その他プレイ中のゲームは「キングダムハーツⅢ」。

出演作品数を増やし、オールスター感が欲しかった

O「ワックワクでジャンプフォースを買いました」
M「お!どうだった?」
O「近年稀に見るクソゲーでした…


M「あらら…」
O「クソゲー過ぎる…。売ります」
私「クソゲーなんだ…。評判あんまり良くないみたいだしね」
M「見える地雷だったよ?(笑)」
O「そう。みなさんもう発売前からそうおっしゃってましたね…僕がバカでした(笑)」
私「ジャンプの何か好きなキャラいたの?」
O「い過ぎです、ジャンプっ子ですもん!DIO対ルフィなんて熱いの通り越してます!」


M「せめてもっとオールスター感欲しかったかな」
私「キャラ数とか、出演作品とかですか?」
M「そうですね、出演作品数ですね。一つのタイトルで3人も4人も出すくらいなら、その分作品数自体を増やして欲しかったですね」
私「確かにちゃんと見てないですけど、両さんとかキン肉マンとかいないですね」
M「ですね」
私「ファミコンジャンプの方がまだオールスター感ありましたね!(笑)」


M「懐かし過ぎますね(笑)ネットで誰かが言ってましたが、今作は海外展開を優先したみたいなんですよね。あぁ、だからドラゴンボール、ワンピ、ナルト色が強いんだな、と。まぁ肝心のゲーム性がダメみたいですが…」
私「メタスコアでも日本の雑誌なのに外人さんたくさんレビュー書いてるなっていうのはありました」
O「納得です」

良い点は、好きなキャラクターを動かせる!以上?

私「ちなみにO君、どの辺がクソだった?」
O「ロードが長すぎるのと、そもそもの頻度が高いせいで全然ゲームができないっていうところです。ムービー見てロードして、ゲームしてロードして、ベースキャンプでロードでまたムービーでロード、ゲームできないよ!みたいな。2019年にゲーム買ってゲーム全然できないとは思わなかったですよ。ちなみにキャラのバランスもバラバラで、通常技も全員モーションが同じっていう。ほんとに褒められるのは大好きなあのキャラとこのキャラが共闘してるって時だけ…」


M「ムービーシーンは口パクしないから、無表情でセリフ喋るらしいね(笑)」
私「え?」
O「そうなんです」
私「それはちょっと手抜き感ですね」
O「(ワンピース)ワールドシーカーも買わないとなんですけど」


M「さすがジャンプっ子」
私「星矢が出るって聞いた時に「おっ?」とか思ったけど、まぁ買うほどでもないのかな…」
O「それが正解だと思います…」
私「冴羽獠もちょっと揺らいだけどね。あとダイの大冒険もちょっと意外だった。ただ、なんかやってることが目新しさに欠けるんだよね、3Dモデリングしてタイトル集めて異種格闘戦とか。発想が浅いというか。買った人前にして言うのもなんだけど(笑)」


O「シティーハンターはびっくりですよね。悟空とどう戦うの!っていう。あとはルフィとナルトと悟空が元気そうでよかった」
私「元気そうで(笑)」
O「あと剣心使えるのもすごく嬉しかった!飛天御剣流奥義を元気そうなルフィにぶつけてやりました。「無駄無駄ァ!」って黒ひげに言うのとかも楽しいです。ただ、それだけって感じです…」
M「好きなキャラクターを動かせる、的な。まあキャラゲーですからね」
私「でも実際悟空みたいな超人と、言うても人間の冴羽さん、緋村剣心が対等に戦うのも無理があるよね(笑)」
O「いやーそこなんですよね(笑)なので良いところは、夢の対決ができるところ、のみです…」

格闘ゲームとしてのバランスも大味?

O「バランスもイケてないですね、雑です。キャラによって強いのと弱いのとがはっきり違います。言ってしまえばワンピース、ドラゴンボール、ナルト推しです。あとはもう咬ませ犬です(笑)」
M「格ゲーの駆け引きみたいなものが薄いってこと?」
O「駆け引き皆無ですね。いや、ありきで作ってるんでしょうけど、実際連打でなんとかなっちゃったり、作業です。で、ロード地獄。もうDIOとルフィのバトル見たから良いかな…って(笑)映像は綺麗なんですけどね」


私「超必殺技みたいなやつとか?」
O「ですです。だけど、一通り見たら飽きますよね。ゲームとしてもイマイチなので、長くはやらないですね」
M「この調子だとワールドシーカーも…」
O「同じバンナムですからね、なんか既に嫌な予感はしてますね(笑)」
私「ジャンプっ子として、コレクションで所持しておくんじゃないの?」
O「いやー、寧ろジャンプっ子だから逆に持っているのが苦痛ってのはありますね」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。