【月次報告】スキあらばGAME2019年10月の取り組み 最も面白かったタイトルは?


10月が終わります。

夏から今月にかけての大作ラッシュに追い付かず、買ったは良いがやれないゲームが多過ぎ、嬉しい悲鳴。

そんな中登場したのが、スマホのドラクエWALK、黒船襲来。ソシャゲの類はほぼやらない私ですが、ビッグタイトル故に職場でもプレイヤーが多く、コミュニケーションの一環で戸惑いつつもプレイ開始。

私自身が過去にソーシャルゲームの企画職を担当していたこともあって「そう簡単に射幸心煽られたりしないけどねー」と油断していたら、あっさりと煽られる始末。結果、片時もスマホを離さない生活に。下手こいたら来月はドラクエWALKでゲームが終わるかもしれない。これは良くない。ロックンロールの内田裕也氏張りに、流されることなくもっと抗っていきたい。俺は染まらない。ということで、書いている今ここでドラクエWALK卒業宣言します。俺は止めるぞドラクエWALK、ロックンロール!

さて、ドラクエ11やるか!

それでは当サイト10月のご報告になります。

各種売り込み失敗の10月!

10月は飛び込み企画が思うように動かず。

アイター!

まず、某大型ゲームのキャラクターを演じた声優さんと知り合うことができたためインタビューを試みたところ、ゲーム会社との折り合いが難しく、断念。

さらに、ゲームショップへ取材の依頼を送るも「まだお客さんには公開していないのですが、ウチ、実は今年いっぱいで閉店なんです」と、世知辛いカミングアウト。傷口をえぐるようなお伺いになってしまった。

そして業務提携を熱く語り合った某ゲーム社団法人様にイベントの提案を行うも回答得られず。こういう心折られる不毛な活動の上に成り立っているのですね。しみじみ。

何かください。

あーん!

今後もめげずに各界のプロフェッショナルな方々の知恵をお借りしつつ巻き込んでいこうと思っておりますけどね。

今月印象的だったタイトル

10月にプレイした中で特に印象的だったタイトルは以下の通り。

・ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(NS)
・Bloodstained: Ritual of the Night(NS)
・リングフィットアドベンチャー(NS)

まずはドラクエ11S。

一度3DS版をクリアしていますが、PS4版を途中で断念してしまったこともあって、新鮮な気持ちでプレイ。ストーリー本編1周目はクリアしたのですが、本番であるクリア後が全くやり込めておらず。そうこうしているうちに、この完全版に追加されたクリア後のお楽しみ要素もほぼネタバレしてしまったんだよね。

それにしても、ドラクエはシンプルで奥深いのが良いですね。育成の面でも、基本はコツコツとレベルを上げる。そこで得たポイントを振り分けることで、戦略に幅が生まれる。転職システムに頼ることもなく、うまいこと昇華させているのはさすが日本を代表するRPG。と言っても、たまには転職システムのドラクエもやりたいけど。次回作に期待。

続いてBloodstained: Ritual of the Night(ブラッドステインド リチュアル・オブ・ザ・ナイト)。

ドラキュラ、キャッスルヴァニアの流れを汲んだ新作。先週プレイレポートに上げましたが、ザ・キャッスルヴァニアという印象。

スイッチ版はバグや処理落ちが酷いようで、負の感情が膨らんでか、クリア済みのプレイヤーからも金返せだのクソゲーだの言いたい放題ネットで騒がれていますが、ダウンロード版で初期型のスイッチという環境においては余裕で許容範囲。

もちろんその証拠にtwitterではバグったスクリーンショットも多数見られるわけだし、長らく待っていたファンの楽しみに水を差すようなやや大雑把な作りもはそれで事実でもあるわけで。

来月頭に配信予定とされているパッチでの対応も急がれます。頑張れ!

そして、リングフィットアドベンチャー。

付属のリングコンとレッグバンドに左右のジョイコンをセットして、それらを使ってエクササイズ。

エッサホイサと30分もプレイしているとじっとり汗が滲んできます。なんか身体の部分に効いている感じがするー!とか知りもしないくせに言ってみよう。

プレイ後にジョイコンのセンサーに指を押し当てることで、脈拍や消費カロリーなんかも計測してくれるというとんでもないハイテク機能が。一方で、用途が用途なだけに「さあ、やるか…」と、ゲームの起動にもある種の踏ん切りも必要。

操作自体が直観的でシンプルなことに加えて健康にも良いということで、我が家では妻子も楽しんでいます。

今月のMVPタイトルは?

今月プレイした中で最も楽しかったタイトルは、Bloodstained: Ritual of the Night。

これこれ、このメトロイド(キャッスル)ヴァニアがやりたかったのよ!

本作も育成要素の多いアクションRPGですが、特にスキルに当たる「シェード」が面白い。

MPを消費して発動することで効果を発揮するもの、自動で効果が発動されるもの、とを組み合わせて探索を有利にしていきますが、運次第で序盤からチート級の便利能力を身に着けることも。

モンスター毎にそれぞれ全く異なるシェードがあり、獲得時にどんな効果があるのか発見するのも楽しい。

さらに、それらのシェードを強化することで、効果はもちろんビジュアルも大きく派手に変化していくのもよし。

先ほども申し上げましたが、ネット上で騒がれていたSwitchの処理落ちについては、酷いとされるエリアに到達し、たしかにそれらしき箇所を確認。が、まあ目くじらを立てるほどでは全然なく。

もしかしたらハードの型番やパッケージ版などの環境によっても大きく違うのかもしれないけれど、11月にはパッチも配信されるようですので、これ系のゲームが好きな人は迷わずおすすめできますよ。

11月プレイ予定のタイトルは?

11月もプレイ予定のタイトルが目白押しですよ。


まずはペルソナ5ロイヤル、本日発売ですね。ダウンロード版を購入しようとしたところ、プレオーダーをしていないプレイヤーは発売日でもダウンロードができるようになるまで少し時間がかかるようで、本日午前中にダウンロードできず。(お昼頃に解消!)

そして、小島秀夫監督のデスストランディング。こちらは全く情報をリサーチしていませんが、果たして面白いのかどうなのかすら謎。どんなゲームかすら正直謎なのですが、周りが買うから買う日本人の典型的な習性に則った動機です。そんな弱虫な自分にさよならしたい。

そしてロマサガ3。当初ボツになった敵と戦えるなどオリジナル版からいくつかの手直しが入っているのだとか。とすると、あの町娘を生贄に捧げて涼しい顔をしている例の町長の動きはどうなっているのか!?

その他のタイトルも勢いで購入する可能性も大。さらに冒頭で申し上げたような飛込企画も画策中です、ぜひ楽しみにお待ち頂ければと。

それでは今月も引き続き宜しくお願いいたします。ロックンロール!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。