ツシマオンライン 気105で「九死」を初めてやってみたら○○だった。


ゴーストオブツシマ のオンライン冥人奇譚(Legends)が楽しい。楽し過ぎて、連日朝の2時、3時まで遊んで翌日ヨタヨタしながら仕事をするのだ。ほぼ寝ながら仕事をし、目蓋に目を描いて打ち合わせをし、その晩また冥人奇譚で目覚めるのだ。どうしようもない奴だね。

だけど、ムズイムズイと言われて手をつけていないものが、タワーディフェンスモード「九死」。こちとらとりあえず強さの指標となる「気」のレベルが105になり、奇譚であれば百鬼レベルもノーミスで戦えるまでになりました。

がしかし!

九死、特に難易度百鬼はヤバいヤバいと脅かされて以来、なかなか踏み切れずに思いとどまっております。この思いとどまりを払拭すべく、まずは九死の黄金からプレイしてみることにしました。

ビビってるから、難易度は黄金からだけどね!

牢人デビュー、良いかも!強さは105になりました。

前回当サイトメンバーに「ヒーラーは必須で重宝される」と聞いていたのと、攻めで貢献できるかどうか分からないのであればせめて守りで人様のお役に立ちたい。

これまで侍一筋で過ごして参りましたが、この想いで此度牢人デビューと相成りました。フレッシュな気分です。

装備はまずまず整ってきて、気のレベルは105になりました。最低限百鬼九死に参加できる条件に達しましたが、慌てて牢人のレベルを上げ始めたので、未だ格は14。

装備は水の型に切り替えられる石の太刀、腰袋、護符は自動回復。とりもち玉と回復薬。それぞれに備わっている固有効果は回復効果と近接攻撃力の向上を重視。ただし、方針は未だアバウトなので、まだまだ改善の余地あり。

とりあえず格は14まで上げて、倒れた味方をすべて蘇生させる「伊邪那美の伊吹」と自動回復「風の抱擁」、そして範囲内の仲間を回復させる「癒やしの香格」などを習得。(その後格も16まで上がり、急速回復を覚えてさらに回復力が増しました)


最低限のヒーラー技、特技のクールダウンが15%減少する牢人の矜持も習得し、レベル上げをしていた奇譚なら百鬼もデスせずにプレイする余裕が出てきたところ。俺は強い。

いや、全然強くないや。


強くは無いけれど、弱いなりにパートナーを回復、蘇生などでサポートしつつ、被弾しないよう攻め、サポートできている実感がありますね、牢人良いかも。奇譚でパートナーになった方、私が来たからにはもう安心だ。だけど、未だに宝箱や巻物の探し方も場所もちゃんと把握しておらず、教えていただくことばかりでみっともない。

同行してくれた野良パートナーさんの反応から、そこそこお役には立てているっぽい。と、信じている

初めての九死(難易度は黄金)にトライ!

これまで九死はプレイしておりませんでしたが、サポート役としてどのように立ち回るべきか、牢人の役目をなんとなく理解したところでいよいよ九死を試してみることに。

まずは最初のシナリオ「怨讐の際」。

強気な割りに難易度は黄金

2人でプレイする奇譚と違って九死のプレイヤー数は4人。変な振る舞いをしたら迷惑をかけてしまう人も奇譚よりも多いのだ。

皆様の足を引っ張らないようしっかりサポートせねば…!と意気込んでプレイしたところ、なんと四人とも牢人!

牢人で挑むのが正攻法なのか、みんな人が良いのか…。

マップに表示される陣地のどこかに敵の軍勢がワラワラと登場し、敵勢力ゲージが溜まり切る前に討伐するのですね、ふむふむ。

ルールを概ね理解する頃にはマップ構造も把握でき、敵軍勢もちぎっては投げで討伐できている実感あり!そもそもこの九死の黄金難易度は適性レベルが90なので、そりゃ105もあれば難しくないよね。

今行くぞー!

そうと分かれば仲間が倒れては救い、格下の敵勢を蹴散らせるように。これか!この共闘感なんだな!奇譚も良いけど、仲間って、良いよね。

適正レベルを大きく上回っていたこともあり、無事ノーミスでクリア。

牢人4人もいれば、仲間が倒れた時の蘇生がメンバーとかぶる!

九死モード、強さ105もあれば黄金は余裕だった。

九死は気をつけた方が良いと言われたこともあり構えていましたが、適正レベルを超えていればなんてことはなかったです。

そしてヒーラーとして仲間を回復できるという明確かつそれに代わる役割があまり無いので、ちゃんとお役に立てている感がありました。今までただ全くこのモードをやっていなかったという理由だけでビビっていましたが、ルールは概ね分かった(つもり)。奇譚と全然違う楽しさ。

終わったらみんな思い思いの発散方法で技を暴発

がしかし、確かに長い!初回のプレイ時間は55分。こりゃトイレは事前に済ませておかないと。ゲーム中で勇しくても現実ではパンツビッショリだとちょっとね。

なんと実績をキャプチャするのを忘れてしまったのですが、一度も倒されることなく、キル数にも貢献。

強い人がいた。そして結構何度も蘇生した人もいたけれど、それはそれで全然楽しい。励まし合って一緒のゴールに向かっている感。自分が足を引っ張ってるゲーム中、パートナーの方もそういう思いで戦ってくれてたらいいな。

そのあと笛吹いてお別れ。


これなら難易度百鬼も行けそうな気がする!

がしかし、今あるモードの中でも最高と言われているので、う少し格も上げつつ装備も強化してからチャレンジしてみることにしよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。