3DS「新・世界樹の迷宮2」本編クリア後がムズ過ぎる!


本編もクリアし、まもなく裏ボスにお目見え、というところまできました、3DSの3DダンジョンRPG「新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士」。

無意識でしたが、順序は違えどシリーズ全部プレイしていることに気が付いきました。そうですか。難易度高過ぎゲームはそこまで得意ではなかったけれど、アトラスの思惑にどっぷりとハマったわけですね、単純なやつだな私は。

ここまで来て思うわけです、この新・世界樹の迷宮2、シリーズで一番難しかったんじゃないか?高難度シリーズ故にもしかしたらやる度にそう思ってきたのかもしれないけれど、今回ばかりは凄かった。

どうにかこうにかラスボスを倒し、本編をクリアしました。

まず本編がキツかった。

本編のラスボスはその時点でのレベルMAX(70)で臨んだのに、段階的に攻撃方法変えるわ状態以上繰り返すわそれぞれがとんでもないダメージだわでもうお祭り騒ぎですよ。

ここまで鍛えたのに、また今から転職して一から編成、戦略立て直す気力は私には無いぞ。もしその必要性を求められたら私はこの新世界樹2を封印し、ほっこりした無双ゲーでもやることにするよ。

↑タップでラスボス画像どうぞ。

やっとこさ本編ラスボスを撃破。

そもそもこの世界樹はレベルに依存しない絶妙なバランスが売りなので、レベルだけ上げたからと言って楽勝!とははならないのは承知だけど、過去シリーズもクロスもこんなに難しかったっけ…?

いずれにしても、本編クリアは嬉しかった。それまでの苦労が報われるような気持ちだった。だけど、ストーリーモードと銘打っている割りに、エンディングはあっさりしていて、想像していたよりは報われなかった。

どこかへ旅に出た…みたいな町人のセリフで終わり。あ、はい。

クリア後タイトル画面に戻ると、「New Game」に★マークが。

そう、データ引き継ぎでの周回プレイ。そうそう、これが楽しいんだわ。これまで一歩一歩ビクビクしながら進んできたダンジョンを、足取り軽やかに進んでいく。

引き継げるデータは、キャラクター(ストーリーモードからクラシックモードへも可能)、グリモア、アイテム、所持金、レシピ、ショップアイテム、辞書情報、マップ情報。

豊富な引き継ぎ要素。引き継げないものを探した方が早いぞ!

それじゃ引き継げないものを考えてみたら、パッと思いつく限りでもクエストだとか街の開発度合いだとか細かいもの結構ありそうだなと思ったので、そこそこあると思います。

クリア後の「3竜」がヤバかった。ボス1体倒すのに20〜30分所用。

ところが本当にキツいのはそこから先だった。

シリーズでおなじみ、1体倒すごとにレベルキャップが10ずつ解放される「3竜」がハード過ぎてくじけそうになった。

というか、くじけた。嗚咽して泣きそうになったくらい。一番弱いとされる一体目の竜でも20回くらいやり直した。一度勝ったので、今作における3竜がだいたいどの程度の強さか理解したつもりでいた。

ところが2体目の竜はそれ以上に苦戦し、30回以上はやり直した。通算8時間くらいこのボスに振り回されていた。

やっとの思いで勝利したけれど、あまりにもギリギリで勝ったので、振り返ったときに「こういう戦い方で勝ちました」という攻略法が未だに分からない。

勝った理由は「運」。これに尽きる。

だけど、ちょっと待ってくださいね?「3竜」というからにはこんな敵があともう一体いるんですね。


さすがにあれ以上ヤバい敵はいないだろう、と思ったのが甘かった。

3体目の偉大なる赤竜は、2体目をさらに上回るヤバさ。ヤバ過ぎて、ヤバい以外に言葉が見つからない。ここまでヤバい経験はいつぶりくらいだろうか。昨年末、うちの娘が公園の帰り道でトイレを我慢できず粗相してしまったと打ち明けたが、言いづらそうな顔で、それが大きな方だと聞いた時くらいにショックがデカい。

いや、あのウンコ事件に比べたら赤竜はスライムみたいなもんだな。

どうすんのよこれ。

最大HP500前後なのに、まともに食らえば全体攻撃被ダメ600以上。

二人掛かりで防御をし、二人は回復兼援護射撃、最後の一人でゆっくり時間をかけて相手の体力を削っていく。その間運悪く状態以上攻撃を受けてしまうと次のターンで全滅。

もちろん戦略や編成は大事な要素ですが、それと同等に重要なのが、やはり運。

繰り返し回数は50回くらいかも。50回も繰り返していると、すぐ前のターンでどんな行動をしたか忘れてしまいゲシュタルト大崩壊。人間って脆い。

その昔、アバタールチューナーというゲームに出てきた「人修羅」というボスが、RPG史上最強と言われていたけれど、あれはパターンを知ってしまえばどうということは無かった。

その人修羅よりも、今作の3竜…というか、クリア後の裏ステージボスは強かった。

ていうかアバタールチューナーもアトラスか!アトラスお前!やりやがったな!ふざけんなよ!(いつも楽しませてもらっていますので、むしろありがとうございます)

人によってはクソゲー評価されないか?と思うほど本編クリア後はチャレンジング!

そうこうしているうちに、やっとクリア後の裏ボス地点に到達。長かった。

頼れるものは何でも頼った。オートレベル上げにも手を出した。メチャクチャ楽だった。

だけど、本編クリア後のボスたちは、本編のそれらとは比べ物にならないほど強靭だった。

ゲームオーバーとロードを繰り返す中で、自分は今何と戦っているのか?このゲームか?それともアトラスか?答えはきっと自分の中にある。とか適当に言ってみる。

はいまた死ぬ〜。

特にクリア後は、パーティーの職業の組み合わせだけではなく、武器、防具やハクスラ要素もあるグリモアや装備の組み合わせなどを敵に応じて研究しながらビルドを変えたり、「修行」などのあらゆる強化要素をミリ単位で調整するような根気が必要。

時々低レベルクリアなんていう試みをtwitterなんかで目にするけれど、同等のマインドが無いせっかちなプレイヤーは正直クリア後の要素を無理して進める必要は無いと思う。要は疲れるので注意。

ストレス溜まるだけで精神衛生上良くないので、ゲームで疲れてしまっては本末転倒。だけど、その難易度を超えた先にある達成感は何にも変えがたいものがあります。ありますけども、さすがにこれはどうなんだ!?

ちなみに本シリーズは「本当の楽しさは難易度EXPERTにある!」という、とにかく難易度に果敢に攻める先生方がいらっしゃるようですが、尊敬の念と共に「変態」とお呼びしたい。

で、お目見えした裏ボスはこちら。(タップで画像)

なんだかエバンゲリオンみたいな姿ですが、ちょっと試しに戦ってみた限りでは多分エバンゲリオンより強いと思うわ。今度こそ無理だわって思った。逆に心が穏やかになったほどに。

がしかし、そんな苦難を乗り越えてモンハンだってロックマンだってクリアしてこれたじゃないか。引き続きこの裏ボス討伐に挑んで参りますが、以降当サイトで報告がなければ諦めたんだな…と、情けない気持ちでご覧いただければと思います。

頑張る!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。