【まとめの金曜日】今週話題になったゲームランキング5本!(3/12)


今週もお疲れ様でした。

感染者の数を毎日数えて一喜一憂する不毛な行為ではなく、今日は震災に思いを馳せねば。

もし自分が過去にタイムスリップすることができたら、現地へ行って津波が来るから避難するようにと大声で呼び掛ければみんな避難してくれるのかしら…とか、できもしないことを考えては自分の無力さに虚しさを覚えたりする10年後の今日。

生きながらえた私に何ができるかというと、困っている人には手を差し伸べ、家庭を持つ身としても見出しだけで目を覆いたくなる実体験と向き合い、自分に与えられた使命とは何かを考え、悩みながら、人生を全うすることかな、と思うきっかけになりました。今でも模索中ですが、少なくともゲームをタイムアタックするのが自分に課せられた宿命ではないと思うけども。

それでは今週も当サイト、スキあらばGAMEのtwitterフォロワー様の投稿を手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。

集計期間:3/5(金)〜3/12(木)

第5位:帰ってきた 魔界村(NS)

第5位は2月25日に配信開始した、帰ってきた 魔界村。難しすぎて、ファミコン版どころの騒ぎではないのだそうで、数時間かけても1面すらクリアできないほどの難易度なのだとか。

足場を作ったりバリアーを張ったりとアーサーをサポートするキャラクターを操作して、二人同時プレイもできるのだそうな。楽しそう。

第4位:大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(NS)

第4位はゼノブレイド2からホムラ、ヒカリがプレイアブルキャラとして参加、3月5日に配信開始された、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL。なにやら上手そうな方が使い勝手を検証していらっしゃいますが、もうここまで来ると我々カタギには全くその凄さや特徴など理解できる世界ではなく。要約すると、剣キャラで初心者向き、コンボも繋ぎやすいらしい。

第3位:Apex Legends(NS)

第3位は3月10日に配信開始されたApex LegendsのSwitch版。3人のチーム編成で最大60人のプレイヤーが参加するバトルロイヤルで勝ち抜きをかけて戦うFPS。

本作の運営開始自体は2年以上も前になるけれど、本流のタイタンフォールを差し置いて配信開始からわずか3日でプレイヤー人工が1000万人を超えてしまい、世界的な人気タイトルに。

プレイヤーの8割以上が10〜20代、30代は全体のわずか1割ほど。そりゃ周りにあまりプレイヤーがいないわけだわ。

第2位:クロノ・トリガー発売26周年

第2位は1995年3月11日に発売されたスーパーファミコンのクロノ・トリガー。私管理人も自転車走らせて買いに行ったものです。しかし26年も前に出たゲームが新作ソフトを出し抜いてこうしてtwitterで盛り上がるクロノ・トリガーの影響力たるや。負けイベントに勝ってしまうとエンディングが変わったり、エイラのレベルを上げると素手だった両手が「てっけん」「ごうけん」になったり、未来と過去を行き来すると宝箱の中身が変わったり、そういう驚きと遊び心こそが、こうして後世まで語り継がれる名作なんじゃないかなと私は思うのですが、それはさておいてアイロンビーズ凄すぎるな。

第1位:ブレイブリーデフォルト2(NS)

第1位は2月26日に発売のブレイブリーデフォルト2。私もクリアしました。

そうそう、新しいジョブも小出しにされるもんだから、ついつい獲得したジョブ全てマスターしてからでないと先に進みづらくなる罠。

私管理人もそれやっていて鍛え過ぎてしまい、最終的に作業ゲーと化してしまったので、適度な歯ごたえを楽しみたいのであれば鍛え過ぎずにさっさと進んでしまうことをおすすめします。

次点:牧場物語 オリーブタウンと希望の大地(NS)

次点位は2月25日に発売された牧場物語 オリーブタウンと希望の大地。

画面のカクツキを経験したり、ユーザビリティを改善したり、不具合を直したりと発売後にも機能改修に追われまくっている牧場物語ですが、酷評過ぎて一時期Amazonレビューが受付できない状態になったのだそうな。

そりゃ水たまりからザリガニが釣れるくらいだから、バグやユーザビリティ云々より、内容自体ヘンテコだと言われるわけだ。

さらに、担当者がSNSから突然いなくなったりと、運営側の態度も今回の炎上騒ぎに拍車をかけてしまったのだそうな。


以上、今週当サイトのtwitterアカウントで盛り上がったゲームでした。来週はどんなゲームが盛り上がるのか?そして渦中の牧場物語は、プレイヤーが納得するレベルまで改修されるのか?

それではみなさま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバックいたします。 みなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。