【まとめの金曜日】今週話題になったゲームランキング5本!(11/19)


今週もお疲れ様でした。

今更ながら、5年前に公開された「貞子vs伽椰子」を鑑賞。

日本のホラー映画のアイコンでもある二人がぶつかり合った時にいったいどんな恐怖が待ち受けているのかと思いきや、まさかの合体。マジか。

公式サイトでの比較資料によると、伽耶子は物理攻撃が可能で貞子は超能力といったことが書かれ、ジョジョに擬えるとさしずめ貞子は近距離パワー型、伽耶子は遠距離操作型なのかとか考えると、ホラーをいうよりはプロレスを見ているような感覚に。

面白かったのか、あるいは怖かったのかどうだったのかと聞かれたら、予想の斜め上過ぎて怖くも面白くもなく、手に汗握る感じでした。

それでは今週も当サイト、スキあらばGAMEのtwitterフォロワー様の投稿を手集計、最も盛り上がった上位5タイトルについてご紹介いたします。

集計期間:11/12(金)〜11/18(木)

第5位:スーパーロボット大戦30(PS4/NS)

第5位は10月28日に発売されたスーパーロボット大戦30、11月17日にDLC「サクラ大戦」が参戦。

原作の会話パートにおいて、キャラクターの好感度を上げる選択をした時の効果音も再現され、ファンがニヤリとできる演出も。

サクラ大戦は未プレイですが、ときメモで言う「バッチリ、良い印象を与えたみたいだぞ。」とか出てくる感じか。

それは超嬉しいな。

第4位:鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚(PS4/XS)

第4位は10月13日に発売された鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚。

無償アップデート第2弾での追加プレイアブルキャラクターとして、矢琶羽と朱紗丸の参戦が決定。

矢琶羽か。矢琶羽、強いよね。あの目のやつね。さすがにあれは炭治郎負けると思ったよ。とか適当言ったら全然違ったどころか正直読み方すら存じ上げません。(”目”は偶然合ってた)”やはば”って読むのですね。

プラチナおめでとうございます!

第3位:ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説

第3位は11月12日に発売されたゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説。私管理人も購入し、PS5そっちのけで夢を見る島プレイ中です。

給電なしで常時時計表示が可能になるなど前回のマリオ版から改善点も。

当時の兄さん達にとっては画面が小さく、見づらいという声が聞こえてくるほどファミコンのゲームは大昔の産物になりつつあるのですね、月日の経過の早いこと。

第2位:ファイナルファンタジーV ピクセルリマスター

第2位は11月12日に配信開始されたファイナルファンタジーV ピクセルリマスター。

なんと、リムル加入後にガラフが復活!そんな追加シナリオが!と思ったらフラグ管理漏れによるバグで、その他第一世界で力の歌を覚えてしまったりとバグも多いのだそうな。

しかも代表曲のひとつであるビッグブリッジの死闘のアレンジが酷評だったりと、シリーズ屈指の人気作は風当たり強め。

第1位:真・女神転生V(NS)

第1位は、11月11日に発売された真・女神転生V。私管理人もプレイ中です。

今回はフィールドが半オープンワールド的な構造になっていて、あの足場まで届くかも?と大きくジャンプしては谷底へ落下を繰り返していますが、それすら楽しい。

と、感じられているのは、私がDLCに頼るという甘ったれたプレイをしているからに他ならず。通常は奈落の底で雑魚にエンカウントしたら少なからず全滅を覚悟するのが女神転生。

次点:メガトン級ムサシ(NS/PS4)

次点は11月11日に発売されたメガトン級ムサシ。

アーマードコア、デモンエクスマキナ的なロボットアクションにハクスラ的ランダム要素を含んだパーツのカスタマイズと面白くないはずもなく、横スクロールのアドベンチャーパートやフルボイス、爆速ロードなど演出やユーザビリティも良好。

メガテンやFFといった大型タイトルに紛れて一定数継続してツイートされている様子、これは本当に面白くてジワ売れするやつだとAmazonを覗いてみると評価は星4点超え。凄い。


以上、今週当サイトのtwitterアカウントで盛り上がったゲームでした。まだまだメガテンが熱い印象ですが、来週はついにbattlefield2042、そしてポケモンシャイニングパール、ブリリアントダイアモンドが発売!その他来週はどのゲームが盛り上がるのか?

それではみなさま良い週末を!

【スキあらばGAMEのtwitterをフォローしてみませんか?】
驚きの速さでフォローバック、DM等でご連絡もどうぞ。またみなさまのつぶやきは毎週金曜公開の記事「今週盛り上がったタイトルTOP5」の集計対象としてカウントさせていただき、記事内でご紹介させていただく場合があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。