【月次報告】スキあらばGAME2022年5月の取り組み 最も面白かったタイトルは?


6月です。

ここ東京も勢い余って30度を超える夏日が毎朝10キロランニングしている私も「もしかしたら無事に帰れないかも…」と、走りながら危険を感じる日が出てきました。ランニングしている人は、どうぞお気をつけください。

ランニングしてない方も熱中症にお気をつけくださいね。

もうこの際みんな何かしらにお気をつけください。

それでは当サイト5月のご報告になります。

新たなゲームメーカー様と繋がりができました。

Gambrinous社様からご連絡いただき、新作タイトル「ギルド オブ ダンジョニアリング アルティメットエディション」をご提供いただけました。

新たな繋がりができるのはありがたいです。

が、ここ数日新作タイトルラッシュを詰んでいたタイミングでのレビュー依頼だったため、連日睡眠不足になりましたよ。誰だ!5月は新作少ないとこ言ったの!(誰も言ってない)

それもこれもファイアーエムブレム風花雪月が悪い。

誰だ、あんな面白くしたのは!?

出て来い!

どうも有難うございました。お礼を申し上げたい気持ちです。

畳みかけるように、このギルドオブダンジョニアリングがまた中毒性あり。ずっといじっていられるやつ。

ゲームの詳細は前回のレビューか以下今月プレイしたタイトルにて。

あと、すごく頑張りそうな社名にも好感が持てます。

お付き合いが浅いのでこんなところですかね(どんなところだ)

今後ともどうぞよろしくお願いします。

5月に印象的だったタイトルは?

5月にプレイした主なタイトルは以下の通り。

・ファイアーエムブレム風花雪月(Switch)
・百英雄伝Rising(Switch)
・Guild of Dungeoneering: Ultimate Edition(Switch)
・Salt and Sacrifice(PS5)

まずはファイアーエムブレム風花雪月。

ついに最高難易度「ルナティック」クラシックモードを、引き継ぎなし、いわゆる「なしルナ」でクリア。

プレイ時間は140時間超え。3年前に出たものなのに、何の気無しに弄り始めてしまったらこれですよ。

もう風花雪月はやらないぞ!

と、エンディングのスタッフロールを眺めながら心に誓ったのであった。

がしかし、早くも今度はやり込みプレイをしたくてウズウズしています。もう一生風花雪月だけで良いかもしれない、俺のゲーム人生。

続いて百英雄伝Rising。未だプレイ時間は3時間ほど。

やはりこれもファイアーエムブレム風花雪月が悪いわけで。

そもそも、あのクリアできるかできないか、絶妙はゲームバランスはなんなんだ!?難易度ルナティックをクリアした時の達成感なんてお前…凄いぞ!

フフ、まあそう慌てないで欲しい。私にかかれば序盤でスキルをしこたま習得してしまったので、最高難易度であっても何てことは無かったのだがね。しかもステージの展開も覚えてしまったので、もう怖いものはない。

で、何でしたっけ?

そうだ百英雄伝Risingね。これからやりまーす。

そして冒頭でも申し上げたGuild of Dungeoneering: Ultimate Edition。

シンプルでありながら、繰り返して少しずつ強くなるローグライクの楽しさと中毒性から時間を忘れてプレイ。

ご覧の通りフォトリアルなグラフィックなどではなく、ゲーム中のアニメーションを最大5倍まで早めることができるので、進行はサックサク。サクサク探検してサクサク稼いでサクサク死んでサクサク仲間ロストして絶望。感情の起伏も5倍速!

最後はSalt and Sacrifice。

プレイする前にMetacriticや掲示板など世間の感想を見てみたところ「前作の方が楽しかった」「Saltシリーズからテイストが変わってしまった(悪い意味で)」という声を多数目にしたけれど、実際プレイしてみるとどうだ、十分にSaltしているじゃないか。

ただ、ここ数年はホロウナイトやエンダーリリーズや何かとインディーズでも内容映像共に素晴らしいメトロイドヴァニアが増えているので、当時と比べると感動は薄いかもしれないけれど、これは買って良かった。

マルチが楽しいので、ストーリーを進めず野良プレイヤーさんとばかり遊んでいるうちにレベルがメキメキ上がってしまい、もはや2D版ダクソの異名はあまり感じられなくなってしまった。レベル上げすぎ注意。

今月のMVPタイトルは?

5月にプレイした中で最も楽しかったタイトルはファイアーエムブレム風花雪月。

最高難易度「ルナティック」を、引き継ぎなしでクリア。

難易度ノーマル、ハードと比べて、登場する敵ユニットの数が多い上に敵の攻撃は1〜2発で死亡するほど強烈。おまけに敵の増援舞台は登場と同ターンで攻撃を仕掛けてくるので、恐る恐る牛歩の如くユニットを進めても後ろから不意打ち喰らって仲間ロストなんてことも珍しくなく。

この怒りの捌け口も見つからず、あるありとあらゆるファイアーエムブレムの広告を「ファイアーエ”ン”ブレム」に書き直す旅に出ようとしたけれど、そんな時間もお金も気力も無いのでコツコツ継続した結果、ついにタイトル画面がゴールドになりましたよ。

PS4、PS5のトロフィーのように誰かになしルナをクリアしたことをアピールできるわけでもないので、一人で静かに労をねぎらうという悲しい結果になりましたが、やればできるという事実がここに残りました。

くじけそうなことがあったらこのタイトル画面を見ることにしよう。

6月プレイ予定のタイトルは?

6月は風花雪月で失われた時間を取り戻していく詰みゲー消化月間。

まずは5月10日発売のSalt and Sacrifice。

上述の通り、オンラインが楽し過ぎるのでストーリーは進められていませんが、エルデンリングに比べればどうということはなさそう。少なくとも序盤においては。

なので、サクッとクリアして次の詰みゲーに移ろうかな〜とか鼻くそを掘りながら考えています。(ファイアーエムブレムのルナティックでも最初そんなことを言ってたけれど)

そして同日発売された百英雄伝 Rising。

こちらもネットでは「お遣いばかり」とネガティブな意見も多く見られますが、残念でした、私管理人、お遣い潰していく作業が割と好きなのでした。

お遣いクエストばかりでやらなくなると思ったら大間違いなのであるが、誰もそんなことを言っていなければ、勝手にやればいいですね。失礼しました。

とか言いつつも、6月は既にそそられるセールが開催されていたり、ファイアーエムブレム無双 風花雪月やソニックオリジンズなど新作も発売予定。何だと!?また風花雪月!?風花雪月はもうやらん!(ゴクリ…)

それでは6月も引き続き宜しくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。