ダクソ3プレイヤー達と語る「ソルトアンドサンクチュアリ」の感想。


PS4、PS Vitaでも展開中の、2D版ダクソと呼ばれる「ソルトアンドサンクチュアリ」を購入しました。

インディーズゲームとはいえ、話題のゲームがセール期間中でなんと714円!これは買わない理由は無いと思い、普段オンラインでダークソウル3をプレイする同僚と、「せーの」で購入。

個人的な感想としては、ダクソに似ているかどうかは置いておいても面白い!に尽きます。さて、他のダクソベテランプレイヤー達は、このソルトアンドサンクチュアリを実際にプレイしてみてどう感じたのか、伺ってみることにしました。

ダクソ(ダークソウル3)ベテランプレイヤー達

私(管理人)
20161231061979年生まれ
既婚(娘一人)
趣味:ゲーム、楽器
職業:企画職
好きなタイトル:和ゲー全般、レトロゲーム
ヌルゲーに慣れ過ぎて、ダークソウル3は最初のボスに30回くらい倒される。非ベテラン。ソルトアンドサンクチュアリプレイ時間は10時間。

T氏プロフィール
160607051979年生まれ
未婚
趣味:ゲーム、スノボ
職業:プログラマー
好きなタイトル:FPS、ダークソウル3、ディアブロシリーズ等コアなものから龍が如く等カジュアルなものまで多数。信長の野望等の歴史ゲーも好き。
ダークソウル3はプラチナトロフィーを獲得。ソルトアンドサンクチュアリのプレイ時間は4〜5時間。辛口。

N氏プロフィール
1976年生まれ
既婚(子供なし)
趣味:サバゲー
職業:アートディレクター
好きなタイトル:FPS、ダークソウル3から和ゲーまで。
同じくダークソウル3はプラチナトロフィーを獲得し、シリーズは全てプレイ済み。ソルトアンドサンクチュアリのプレイ時間約10時間ほど。

システムはもちろん、チュートリアルまでダクソに酷似!?


N「やりましたよ、ソルサン(ソルトアンドサンクチュアリ)」
T「略してますね(笑)」
私「長いですしね(笑)どうですか?」
N「面白いと思います。レベルは25くらいまで上がりました。確かにダクソ(ダークソウル)ですね(笑)。特にダクソっぽいなと思ったのは…ダクソって「ソウルの塊」があるじゃないですか?使うと経験値がもらえるやつです。」
T「はい。」
N「ソルサンの場合は「ソルトの袋」になっていて、使うと足下に塩袋をポロッと落として、足でバンって踏みつけるんです。そうすると塩がバフって舞い上がってソルト(経験値)が貰えるんです(笑)」
T「まんまダクソですね(笑)パクってますね。そういえば仁王もダクソパクってたじゃないですか。どれもこれもみんなダクソパクってるな…って思う(笑)」

私「そのうちダクソ側から訴えられる企業とか出てきたりしてね…。
N「あと最初に出てくるとんでもなくデカいボスいたじゃないですか。」

私「船に乗ってるヤツですよね?一撃で死ぬやつ。」
N「あれ、倒せるらしいです。
私「マジで(笑)」
N「ダクソもそうだったんですよ。初代のデモンズソウルもスタートして、最初に地面に書いてある説明を読みながらチュートリアルを進めるんですけど、その終わりにボスが出てくるんです。」

T「いますね、デカいやつ。ブーンって斧振るやつですよね。」
N「今まで雑魚にウェーイって余裕でやって来たのに、突然そのどでかいボスにかまされるわけですよ。大半の人はそこで戦意喪失して「あ、死にイベントだな。」って思うんですけど、「…勝てるんじゃね!?」って思った人がチャレンジして。」
T「あれ倒せるんだ。」
N「それを見て僕らも勝ちたくなるじゃないですか。ところがオープニングでキャラメイクを挟むと、最初は丁寧に作っていたんですけど、何度も何度もやっているうちに超適当になって、ほぼデフォルトになっていきました(笑)」

T「(笑)」
N「結局勝てたんですけど、それ以来こういうのは疑うようにしています。でも、そこまでダクソに似せるんだ!って思っちゃいましたね。」
T「凄い。確かにゲージが減ったら勝てんじゃね?って思いますよね。」
私「ソルサンのあの最初のボスは即死でしたけどね…。」

ダクソに比べると小さくてキャラがグラフィカルで滑らかな反面、攻撃の判断が難しい?

N「よくわかんないんですよ、敵もデカいし画面も暗くて。」
私「暗いですよね。ダクソよりも暗い。」

T「でも触った感じ、キャラのアクションはサクサクで気持ちよく動いてくれますよね。」
私「ただ、やっぱりダクソと同じでスタミナの制限があるので、ずっと剣を降り続けることはできないですけど。」
N「2Dゲームってそういう制限なくてずっとブンブン剣振れるものが多いので、逆に違和感ありましたね。まあ慣れればどうってことないんでしょうが。」
T「でもソルトアンドサンクチュアリは武器のリーチが短くて、攻撃してくるのか全然分からなくて。もっと大降りでもいいから攻撃している感が欲しいよね。」

私「コチョコチョしてるよね。キャラも小さいし。武器の種類も結構あるからそれ次第かもね、大剣だとまた違うのかも。」
N「あと若干気になったのが、キャラの手前のオブジェクトとかが見づらいかなって思いましたね。例えば全然前に進めないなと思って、何かな?と思ったら足下からゾンビがちょこっと出てきて動けないっていう(笑)
T「そこに引っかかっていて(笑)」
N「まあ馴染んでるといえば馴染んでるんでしょうけど。馴染み過ぎてて気づかない。」
私「映像も独特ですしね。暗くて水彩画っぽい、個性的な感じ。」
N「そう。奇麗なんだけど、ちょっと見づらい。
T「地下とかほんと真っ暗で何も見えなかったりするしね。」

ダークソウルに慣れ過ぎていると、そるとアンドサンクチュアリの方に逆に違和感、難しさを感じる?

私「僕はダクソの方が難しいって僕は思ったんですけど、どうですか?」
N「いやーどうなんでしょう、僕にはソルサンもかなり難しく感じます。僕今はまだおっかなびっくりでやってるんで。まだ2Dと死にゲーとの関係に違和感があって(笑)きっとダクソやり過ぎによる先入観なんでしょうね。ちょっと進んでレベルアップして、行ったり来たりを繰り返して。」

T「それってダクソの楽しみ方と一緒ですよね。」
N「まあ近いですね。でも思った以上に苦戦している。行くところまで行って、この先ヤバそうだと思ったら戻って。っていうのを繰り返して少しずつ探索エリアを広めていって。
私「同じです。」
N「ただ、2Dなので対峙したら必ず接触判定があって、無視することができない。ダクソみたいに3Dだと脇をすり抜けたり細い一本道じゃなかったら、遠回りして避けて進むこともできますし。そこは若干面倒臭いですね。」

T「確かに。2Dだと一本道を走り抜けることできないですもんね。」
N「さっきの足下からのゾンビの話じゃないですけど(笑)」
私「ローリングで抜けられますけどね。
N「でもローリングするとスタミナめちゃくちゃ減りますよね。しかもローリング飛距離が短いんだよな。」
私「盗賊はかなり遠くまで転がって回避できますよ?」
N「クラスによるのかなあ。まあでも十分楽しめています。」

T「不満点としては大体そんなところですかね?」
N「全然不満ってほどではないですね。むしろそれはそれで縛りがあれば戦略的に楽しめてますし。」
T「まあ俺もダクソの方が難しいと思いましたけどね。


この記事へのコメント

  1. そもそもメトロイドヴァニアっていう昔ながらのジャンルなのに、ちょっと似てるシステムが有るだけで〇〇は××のパクリ!ってイキってるのが痛い。
    この手の連中は何でもかんでも自分の好きなゲームを持ち出してそれと比較してあーだこーだ的はずれなこと言うから嫌われるんだよ

    0
    1. いやどう見てもソウルライクだろ、ソルトってのも明らかに意識してるし…

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。