プレイレポート

プレイしたゲームのレポート、おススメのタイトルについて。

【画像あり】リメイク版「モンスターワールドⅡドラゴンの罠」クリア後レポート オリジナル版との違いは?

名作アクションRPG「モンスターワールドII ドラゴンの罠」のリメイク作品「Wonderboy: The Dragon’s Trap」をクリアしました。あまりにも懐かし過ぎて、4月18日0時の公開から約3時間ぶっ続けでプレイしました…。

さて、オリジナルとなるセガマスターシステム版は北米とヨーロッパのみで発売されていたため、日本にはあまり馴染みが無いかもしれません。その後1992年にゲームギア版にローカライズされ、満を辞して国内リリースになりましたが、ゲームシステムは人気が高く、日本でもPCエンジンの「ビックリマンワールド」等へ姿を変えて移殖作品が発売されていたことでも有名です。

私もなのですが、ネットを見てみるとやはりマスターシステムよりもゲームギア版の印象が強いようです。ということで、実際にプレイしてみて、ゲームギア版との違いや手触り感についてレポートです。
続きを読む 【画像あり】リメイク版「モンスターワールドⅡドラゴンの罠」クリア後レポート オリジナル版との違いは?

【画像あり】ゲームギア名作アクションRPG「モンスターワールド2」3つの楽しさ

ゲームギアが大好きでした。携帯機のスタンダードとして君臨していたゲームボーイが白黒画面でありながら、色鮮やかなカラー液晶画面のゲームギアは革命的で、ソフトの表現力も非常に高かったのを覚えています。

中でも「ビックリマンワールド」や「ワンダーボーイ」などとシステムを同じくするコピータイトルのアクションRPG「モンスターワールドⅡドラゴンの罠」は画期的で、夢中になって遊んだものです。

さてそんな名作が、2017年現在最新ハードであるPS4、Nintendo Switchにてリメイクされることになり、改めて当時のおさらいをしておくべく、ゲームギア版を25年ぶりにプレイしてみることにしました。
続きを読む 【画像あり】ゲームギア名作アクションRPG「モンスターワールド2」3つの楽しさ

FC名作アクションゲームといえば?「くにおくんの時代劇だよ全員集合!」を勧める3つの理由

「懐古厨(かいこちゅう)」というネットスラングがあります。ゲームにおいては、ファミコンやゲームボーイ等のレトロゲームを偲んで「昔のゲームは今のゲームよりも面白かった!オリジナリティがあった!」と古いゲームに思いを馳せるセンチメンタルなドリーマーズを指すわけですが、私もその一人と言われても反論の余地はございません。
さて、そんな懐古厨であるファミっ子の私が押入れから引っ張り出したのはファミコン「ダウンタウンスペシャル くにおくんの時代劇だよ全員集合!」です。最初の発売日は1991年7月26日、ファミコンにてリリースされましたが、あまりの人気に2年後ゲームボーイへも移植されたという名作です。
それから数十年経った今、果たして当時の感動は得られるのか?久しぶりに動かしてみることにしました。
続きを読む FC名作アクションゲームといえば?「くにおくんの時代劇だよ全員集合!」を勧める3つの理由

【画像あり】FC「がんばれゴエモン!からくり道中」30年の時を経てエンディングへ到達!

押入れの整理をしていた時のこと。昔のアルバムでも引っ張り出すかのように愛おしい気持ちでファミコンカセットを眺めていると、東洲斎写楽の浮世絵を思わせるインパクトのあるパッケージを発見。「がんばれゴエモン!からくり道中」です。発売はなんと30年以上も前の1986年7月30日。当時小学校低学年だった私はルールがいまいち理解できず、その上難易度の高いゲームであったこともあって、超名作でありながら未クリアのままとなっておりました。あれから私も大人になり、難しいゲームも買えるまでになりました。

このタイミングで本作をクリアしてしまい、胸のモヤモヤを解消しようと思います。私と同じく往年のファミっ子世代のお父さん、30年前の忘れ物を取りに行こうじゃありませんか
続きを読む 【画像あり】FC「がんばれゴエモン!からくり道中」30年の時を経てエンディングへ到達!

【画像あり】サッカーゲームど素人がファミコン「サッカー」をやってみた。

「ウイニングイレブン」「FIFA」など、2017年現在サッカーのゲームは凄いことになっております。リーガエスパニョーラ「FCバルセロナ」やプレミアリーグの「リヴァプール」など、素人でも聞いたことのある超有名クラブチームから馴染み深いJリーグまで、名前、動き、能力、表情に至っても、実在の所属選手のモデルを使って超美麗な映像でサッカーを楽しむことができる超人気サッカーゲームたち。

ところが私はサッカーについてはまるで疎く、こと「ウイイレ」トークには全く入れず寂しい思いをすることがあります。今日もいつものようにウイイレの輪に入れず寂しい思いをしながら帰宅し、ファミコンソフトの山を眺めていたところ、私も持っているじゃないか、ファミコン「サッカー」

続きを読む 【画像あり】サッカーゲームど素人がファミコン「サッカー」をやってみた。

【写真あり】「リトルビッグプラネット」ってこんなゲーム。面白さは?

PS4の「今月のフリープレイ」がアップデートされました。2017年2月の対象タイトルは「ALIENATION」「ファーミングシミュレーター」「イヴ・バーストエラーR」 「ゴーストリコン フューチャーソルジャー」そしてPS3、PS4「リトルビッグプラネット3」。他の中々コアで渋めのタイトルの中のリトルビッグプラネットですが、シリーズ自体は2008年10月21日にPS3からのリリースを皮切りとして長く続いています。

私自身もパッケージ自体は時々目にしていたものの、そのビジュアルの可愛らしさから「どうせ女子供のやる内容だろう」と高をくくっていたわけですが、実際にプレイしてみるとどうだろう、クリエイティブで面白いじゃありませんか。
続きを読む 【写真あり】「リトルビッグプラネット」ってこんなゲーム。面白さは?

【写真あり】バイオハザード7グロテスクバージョンVRでやってみた感想

「バイオハザード7グロテスクバージョン」を始めました、Playstation VRで
兼ねてより「VR版はヤバい」という噂を受けており、VRではなく通常プレイであっても「過去最大の怖さ」と言われる本作、VR版はさらにその上をゆく怖さとのことで、一体どんな恐怖が待ち受けているのか?興味を持っていらっしゃる方も少なくないはず。

「これからバイオ7をVRでやりたい!でも怖いのは苦手…」と、お考えの方に、どのくらい怖いか?を、ここは私がひとつ身を持って体験しお伝えできればと思います。
※序盤のネタバレを含みます。
※映像や文章のに一部残虐な表現を含みます。
続きを読む 【写真あり】バイオハザード7グロテスクバージョンVRでやってみた感想

スマホゲーの中毒性に近い?「サガスカーレットグレイス」がやめられない6つの理由

中毒性の高い「サガ スカーレットグレイス」の呪縛に囚われています。一度クリアしているにもかかわらず、ペルソナ5も龍が如く6もFF15も放置して黙々とプレイしてしまっている始末です。正直本作は、それこそペルソナのような派手さもないし、龍が如くのようにドラマティックで重厚なストーリーかと言われると寧ろ今時にしては珍しいくらい無機質でドライ、会話もあっさりした印象を受けます。発売から一ヶ月経ち、なぜ明らかに評価の高い未クリアゲームを差し置いてもサガスカーレットグレイスをプレイし続けてしまうのか?せっかくこれだけ時間を費やしているので、その理由を整理してみました。
続きを読む スマホゲーの中毒性に近い?「サガスカーレットグレイス」がやめられない6つの理由

ドリームキャストの名作「ジェットセットラジオ」Vita版をやってみた感想

Vita版「ジェットセットラジオ」を購入しました。かつてドリームキャストを持っていた2000年頃、名作とは聞いていたもののセガのゲーム機事業からの撤退の知らせを受けてドリキャス本体を知人に譲ってしまい、ジェットセットラジオはやらず終いとなっていました。

が、十余年の時を経てスマホ、PS3、XBOX、そしてVitaへの移植がなされ、セールのタイミングでPS Storeのランキングで改めてその名前を目にすることになり、意を決してプレイしてみることに。するとなるほどこれは名作に恥じない出来でした。面白い!
続きを読む ドリームキャストの名作「ジェットセットラジオ」Vita版をやってみた感想

ギャルゲーではない!「アトリエ」シリーズってこんなゲーム

「マリーのアトリエ」「エリーのアトリエ」や、最新作では「フィリスのアトリエ」など、息の長いシリーズとなっている「アトリエシリーズ」ですが、これだけシリーズが続いているからには間違いなく面白いんだろう!と思いつつも、なんとなく可愛らしい絵のテイストなどから敬遠しておりました。こんな可愛い2次元ガール達に実際ハマってしまったらどうしよう…という懸念が大きく避けていた感がありますが「ソフィーのアトリエ」が今月のフリープレイ対象ソフトになっており、約20年越しで意を決して初めてプレイしてみました。

するとどうだ、当初のイメージと全く違うタイプのRPGでした。なんだ、面白いじゃないか!
続きを読む ギャルゲーではない!「アトリエ」シリーズってこんなゲーム