こんな人にオススメ!3DSシアトリズム ファイナルファンタジー


販売価格が高めと言われるブックオフでなんと500円で発見!3DS「シアトリズムファイナルファンタジー」
その後同じくスクウェアエニックスのドラクエ版、最新作の「カーテンコール」など後続タイトルも出てのこの価格だったのでしょうが、正直見くびっていました!まあよくあるスピンオフゲームかと思い何となくスルーして来たのですが、ワンコインという値段を目にしてついつい食指が伸びてしまいまして。
プレイしてみた感想としては当たりで、フルプライスで購入しても良いかな?という感じでした。

いつも「なんとなく」FFシリーズを買ってしまう方

ファイあるファンタジーくらいのビッグタイトルになると、ナンバリングタイトルではなくてもついつい買ってしまうパターンも少なくないと思います。かく言う私もその傾向が無くもないのですが、だとするとFFタイトルは一通り触って来ているはず。対象作品は『I』から『XIII』の13作品となっておりX-2、XⅢ-2、XⅢLRのような続編や零式のような外伝的作品は含まれていませんが、プレイ済み作品が飛び飛びであっても懐古的に楽しめます(逆にほとんどシリーズをプレイした事がない方にはきついと思います)
また変な?アレンジも加えられておらず、基本的にはオリジナルの音源、映像がそのまま使われていて、名シーンを振り返りながらダイジェスト的に楽しむことができます。
16091102

歴代シリーズの名シーンの映像、名曲をバックに操作

リズムアクション好きの方、初心者の方

これまでにアーケード含め色々なリズムアクションゲーをやって参りましたが、比較的易しい部類です。(と言い切ってしまうのは語弊になる程後半はもちろんやり応えが出てきますが…。)というのも、タイミングの判定がシビア過ぎず、良心的かなと感じました。
16091104

慣れてくると通常モードくらいであればノーミスも決して難しく無い

シビアな方がやり応えがある!という追い込む方にはゆるいのかもしれませんが、本作コレクション要素もあるため、あまりシビア過ぎてもストレスになる可能性があり、なかなか良いバランスなのではないかと思います。

操作感としてはボタンは一切使わず、タップフリックをタッチパッドでのみで行う直感的なものになります。昨今のリズムアクションではよくあるパターンかと思いますが、後半は音数も増えて来てやり応えと同時にかなりグルーヴィーに気持ちよくプレイできます。

やり込み好きだけど、時間も無い!忙しい方

やり込み要素は多く、本気でコンプリートを目指すのであれば相当長く遊ぶことができます。対象のシリーズもさほど多くなくそれぞれ収録曲数も多くは無いため、一通り全曲ノーマルプレイするのであればさくっとカジュアルにプレイできます
ファイナルファンタジーだけあって、リズムアクションですがキャラクター毎にレベルやアビリティのシステムが存在し、RPG的な要素も取り入れているため、成長が楽しいです。(所謂フィールドを歩いて敵と遭遇して…というものではありませんが)
基本モードだけであれば、レベルやアビリティ等は特に必要ではないのですが「熟練の譜面」「究極の譜面」などの難易度変更や「カオス神殿」といった高難易度のモードをプレイする際になるほどこりゃ必要だと判明し、深くやり込むことができます。
16091106

気がつくとレベルがテンポ良く上がっていきます。

感想:FFってこんなに良い曲が多かったんだなぁ。

感想としては、実はFFの音楽って良いなあ。と改めて感じられました。本編プレイ中はついついゲームに夢中になってしまい、あくまでBGMになってしまっていましたが、意識的にイヤホンで曲を聴きながらプレイすると、どれも素晴らしいものばかりです。
ファミコン時代の曲もそのまま。和音の数も少なくリズムが掴みにくいため、変拍子やテンポが変わる曲なんかはリズムに合わせるのがさすがに難しいですが、バッチリ合った時の快感はなかなかです。

ただし収録曲は製品版で5〜60曲ほど(追加課金で倍増)、新作のカーテンコールではタイトルの増加含め3倍ほど飛躍的に増加しますが、好きな曲を目的に購入される場合は一度収録曲を確認しておくのが良いと思われます。ただし元々入っている曲はおそらく中でも人気曲、代表曲を収録していると思われ、良いチョイスです。
16091103

FF13はこの曲が入っていて欲しいな…というものが入っていてくれる安心感(笑)

結果として、今回ワンコインで購入したシアトリズムファイナルファンタジーは当たりでした!ECサイトで見てみると、中古品は300円から購入できるようですね(笑)タイトルが気になっている方はこの辺りからお試し頂くのをオススメします。

またスマートフォン版でも出ているようなのですが、プリイン曲はわずか2曲のみ、基本無料で他の曲は追加課金のシステムとなり、全曲購入すると2万円を超えるということなので、パフォーマンス面でも3DS版、興味があれば3倍以上と曲数の圧倒的に多い新作「カーテンコール」を購入するのが良いと思われます。直感的な操作ですが、感圧式タッチパネルの3DSでもかなり快適にプレイできました。
16091107

ただしダイジェスト的な「EMSステージ」では、ラスボスの画像やエンディングの一部まで出てきてしまうのはご愛嬌か…?(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。