【月次報告】スキあらばGAME2018年8月の取り組み、面白かったタイトルは?


2018年8月31日。夏が過ぎ、風あざみ。少年時代が流れると、井上陽水の後に清水ミチコがやってくるから昭和生まれも困ったもの、夏も終わりです。皆様猛暑日の続いた8月、本当にお疲れ様でした。さて、今回から少し趣を変えて今月の取り組みについて。

おかげさまで当サイトも月間20~30万人の方にご覧頂けるまでになりました。毎日皆様の貴重なお時間を頂いているというのはとても有難い反面、気恥ずかしいような、それを上回る緊張感があったりもしますが、ご覧頂いたからには何かしら得るもの、あるいは問題の解決になるよう心がけております。

とはいえこんなにも大勢の方にご覧頂けるということは、少なからず運営者に対してもご関心を持たれているだろうと得意な自意識過剰を振りかざしつつ、私事な今月の取り組みについてご報告させていただきます。

今月の取り組み:新メンバーがジョイン

まずは今月の取り組みについて。

先日当サイトのイロモノコーナー「街のゲーマー女子に取材してみた」にご出演頂いた夏海さんが、正式に当サイトのメンバーとしてジョインしてくれました。

彼女はロックバンドのドラマー、そしてインフルエンサーとしても活動中の知る人ぞ知るアーティストさんですが、レトロフリークでレトロゲームをプレイしたりゲームミュージックのコンサートにも足を運んだりと濃い目のゲーオタ女子。

ご縁があって当サイトにご出演、その後お話しをする中で、せっかくなら何か一緒にお取組みしましょうという経緯でご参加いただきました、非常に頼もしい存在です。

基本RPGやアクションなどソロゲーメインのようですが、最新のタイトルも積極的にプレイしているようなので、今後も当サイトに華を添えてくれることでしょう。そのうち水着にでもなっていただけたらと思っているので、男性諸君は気長にお待ちくださいませ。

今月新たにプレイしたタイトルと感想

8月新たにプレイしたゲームは以下の通り。

PS4
・BORDER BREAK(ボーダーブレイク)
・Windlands(ウインドランズ)※PSVR

Nintendo Switch
・OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー )
・HOLLOW NIGHT(ホロウナイト)
・大神 絶景版 HDリマスター

3DS
・世界樹の迷宮X(クロス)

上記に加えてNEOGEO min(ネオジオミニ)なんてのも購入しました。買って満足!分かっていたはずなのに、動かしたのはたった2日間、あまりの短さに自分でも驚いています。龍虎の拳とワールドヒーローズ、メタルスラッグ、キングオブモンスターズ2を動かしてホクホク。いやでもホント買って良かったよ!マジで。そんな強がりも、そろそろ卒業したい。

スイッチのオクトパストラベラーは面白いけれど、目からウロコ!という印象は無く、全4章中3章手前で中断。今後時間を持て余してしまった際にでも、思い出したかのように再開するかもしれないし、しないかもしれない。そんな温度感です。

3DSの世界樹の迷宮Xは手堅く面白い。こちらも過去シリーズから斬新さこそ薄いものの、相変わらず説明し難い中毒性がある。このおっかなビックリ3DSダンジョンを探索する楽しさの正体って何なのだろう。さらに今風に快適なチューニングをされているので、プレイ中の疲労感も少なめ。あれこれ便利で行き届いています。

PS4のTPSボーダーブレイクも秀逸。アーマードコア的にスピード感溢れる動きで、カスタマイズした自分だけのマシンを動かすなんて面白くないはずがない。スプラトゥーンよりも男臭い感じ。

が、いかんせんオンラインマッチは回りのプレイヤーさん達が上手過ぎて着いて行けず。私のような新参者が今から入り込む余地は微塵も無さそうなの、残念ながら今後プレイの可能性は薄め。

PS4ホロウナイトも面白い。RPG好きな個人的にはソルトアンドサンクチュアリの方が好きかな?と思いつつ触ってみると、あれ?俺、こっちの方が好みかも。とか思ってしまうほど。ゲームそのものはシンプルに面白いけれど、どことなく漂うゴシックな世界観、映像の演出も綺麗、センスの勝利。今やインディーズとメジャーメーカーとの垣根って本当になくなってきたとしみじみ感じます。

WindlandsはこれまでプレイしてきたPSVRの中でもタマヒュン感が極めて強い。ただしやること自体は単調なので、ゲームを楽しむというよりは気分転換にアトラクションで頭と体の体操、くらいの位置付け。そういえば、女性でもこの「タマヒュン感」ってあるのかどうか?今も妻に聞けずにいます。

今月のレトロゲーム

職場からほど近い新宿のバルト9に駿河屋ができたため、少しだけレトロゲームに手を出す機会が増えました。また今月は秋葉原で3DSのすれ違い通信の検証をしたついでにレトロゲームショップをハシゴ。今月はレトロゲームにもいくつか着手しています。

・ドラゴンバスター(FC)
・聖剣伝説3(SFC)
・レッドアリーマー2(FC)
・美少女戦士セーラームーンS 場外乱闘!? 主役争奪戦(SFC)

カセットが金ピカのドラゴンバスターはお店の中で一際異彩を放っていたため、その呪いにでもかかったかの如く無意識に購入。

見てくれよこのギラギラ感

初めてこのドラゴンバスターに触れたのは当時6歳くらいだったかしら、知人宅で。さてその内容はというと、剣を振り回して薄暗いローグライク感漂うダンジョンを進んでいきます。今プレイしても突如現れるモンスターに結構ドキドキする。

そして聖剣伝説3。スーファミは2が好きだと思い込んでいたけれど、実際に触ってみるとあら不思議、俺、3が一番好きなんじゃないか?と不覚にも思ってしまうほど楽しい。不覚ってことはないか。

そして現在プレイ中なのがファミコンレッドアリーマー2。ゲームボーイ版の楽しさと全く同じ。現在中盤まで進んでいるけれど、変わらない楽しさ。変わらなさ過ぎて特に進化も無し!でもこれこれ、この楽しさ。もうすぐクリアするので、そのうちレポートします。

最後にSFC美少女戦士セーラームーンSは、秋葉原のジャンクショップにあったスーファミガチャガチャ(一回200円)で出てきたもの。ゴトンと出てきたそのパッケージを見て数秒考え込んだのを覚えています。これは当たりなのか?

実際にプレイしてみると「当時のブームに乗っかって、取り敢えず格ゲー作ってみました」というB級感。パラメータのカスタマイズやなど光る個性は見られるものの、永遠に繰り返される投げハメや必殺技をぺちっと食らうと半分近くのダメージを持っていかれる謎のバランスなど、全体的な作りはかなり大味。価格は妥当。

今月のMVPタイトルは?

今月プレイした中で一番費やした時間が長かったのは、3DS「世界樹の迷宮クロス」、プレイ時間は80時間ほど。面白かった!

上述の通り過去シリーズを通して大胆に冒険せず、持ち味を維持しつつ新作をリリースしてきましたが、本作も同様。その難易度から単にマゾゲー感がくすぐられるというよりは、少しずつ足を遠くへ伸ばせる、できなかったものができるようになっていく開拓欲求みたいなものが満たされます。クリア後の裏ダンジョンは未クリア。おすすめの一本。

来月期待のタイトル、取り組みの予定は?

間もなく9月、秋です。来月も新しいタイトルに触れていきたいと考えておりますが、現在期待しているタイトルはPS4「シャドウオブザトゥームレイダー」

続いてPSVRのFPS「Firewall Zero Hour」は、リアルな体調不良とのせめぎ合い、激励し合い、ゲロ吐き合いながら、フレンドと遊んでみたい。

ただしFPSは得意ではないので、同じチームの人に迷惑をかけまくる可能せがあり、若干二の足を踏んでいます。

リリース予定の新作タイトルこそ8月に比べるとインパクトは小さいかな?という印象ですが、さしあたってこの機会に「大神 絶景版」「オクトパストラベラー」 そしてやり尽くせていない「デトロイトビカムヒューマン」など、積んでいるゲームを深く楽しみたいところ。

そしてゼノブレイド2「イーラ編」も間も無く開始です。長期に渡って何度も繰り返しアップデートで新しい機能を追加してくれた本作ですが、ありがたい反面飽きがきているのも事実。このあたりは本編とどう変化を付けてくれるのか?

そして来月は幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」に突撃予定です。その様子はまた後日ご報告させていただきます。

それでは来月も引き続きよろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。