PS4「God of War」と「二ノ国2」をどっちも購入してから2ヶ月後の現在。


先日ご報告いたしました通り、2018年3月22日に発売されたPS4の「God of War(ゴッド・オブ・ウォー)」をクリアいたしました。

あまりのコンテンツの質と量に圧倒されて以降、PS4の電源を入れるのも億劫になるほど謎の虚脱感に苛まれまして。以降、携帯機やスマホゲーに寄り道したりしながらごまかしごまかしゲームしておりました。

そういえば、そんなGod of Warの発売翌日の2018年3月23日に同じくPS4でリリースされたRPG「二ノ国2」の存在をすっかり忘れていた、ほぼ同時に買った二本なのに。

ということで、God of Warクリア後の謎の虚脱感に向き合いつつ、二ノ国の進捗についてご報告です。

「God of War」クリア後、謎の虚脱感に襲われる。

先述の通り、PS4「God of War」をクリアした時に、胸にポカンと穴が空いたような虚脱感に襲われました、あの感じは一体何だったのだろうか?その気持ちと向き合ってみることに。

実際God of Warは凄かった。上半期現在で既に自分の中でも2018年のゲームオブザイヤーと言い切ってしまっても良いように思えるほど。

ドラマティックな親子の成長を描いたストーリー、非の打ち所の無い映像表現と直感的な操作感、絶妙としか言いようが無い難易度バランスに、これ以上面白いゲームは存在しないであろうというある種諦めの様な、不戦敗の様な気持ちに。

一方で、あの余韻、世界に浸っていたい。それ以外のゲームをすることであの記憶が薄らいでしまうような名残惜しい気持ちも。

そして、これほど作り込まれた大作を終えたやり切った感、疲労感もあります。

それからというもの、クリアする気も無いくせにスマホのドラクエ2なんて起動してみたり、インディーズ、レトロゲームを触ってみたり、ライトなゲームばかり無意識にいじっていたのもそういった経緯から来るものだったのかもしれません。

一方、翌日発売された「ニノ国2」のモチベーション、進捗は?

一方、God of Warの翌日に購入したRPG「二ノ国2」の進捗は、God of Warをクリアした時点ではプレイ時間は7〜8時間でびっくりするほど序盤。

God of Warのクリア時間が60〜70時間程だったことを考えると、あまりにもそっちのけだった二ノ国2。

そんなモヤモヤからどうにかこうにか体を奮い起こし、長いこと寝かせていた二ノ国2をプレイすべく、PS4に電源を入れてみました。

PS4久しぶりあるあるのシステムアップデートから。

最後のプレイから1週間空けてPS4を起動してみれば、案の定システムアップデートが開始。

その完了を待つ間にテレビのチャンネルをポチポチ変えてみると、東京MXテレビで吉本新喜劇がやってるじゃないか!地元の静岡では土曜のお昼にやっていたけれど、東京では深夜こんなタイミングでやっているとは。ついつい全部観てしまう。

島木さんとかチャーリー浜さんとか、私が見ていた頃とは大分メンバーが変わったなあ。

静岡出身だけど、吉本は大好き。大阪のお笑いは攻撃的に見えて、なんというか、温かい。そもそも突っ込みの文化というものは相手に対するアシストであって、こういう過程を踏むことで私のようなお笑いに無縁の人間でもすっと楽しめる。それに対してこっちのお笑いはやや投げっ放しでぶっきらぼうなところがある。吉本には観終わった後の心地よさがある。スベっても最後の最後まで後片付けを忘れない。

違う、今は吉本じゃない、二ノ国だ。明らかに関心のバランスが吉本>二ノ国だった、いかん。

二ノ国2再開!

次の行先はどこだ…。

…はっ!

気がつけばソファーでそのまま寝こけてしまい。

God of Warの時にはあれほど早く会社から帰宅して続きを進めたいと思ったはずなのに、頑張って起動したかと思えば時間は午前5時、この生活は非常に良くない。

このまま起きて出社パターンか?

ニノ国2の悪い面ばかりが見えてきてしまう

早朝ですが、せっかく起きたからには少しでも進めておきたいところ。

とは言ったもののニノ国2を最後にプレイしたのはかれこれ1ヶ月近くも前の話。一体ストーリーはどこまで進んでいたんだっけ…?操作キーどころか、どんな仲間がどんな攻撃をするかすらすっかり忘れてしまった。

声の出演が志田未来、西島秀俊って、実際ちょっとしか喋ってないじゃん…

「Rボタンを押し続けてスキルパレットを表示しながら□ボタンで…?」

山賊って、そんなみんな子供にホイホイ着いて行くのか…?

戦闘やサブクエスト、シミュレーションパートなどコンテンツの幅が妙に広い。素朴さの中に色々な楽しみがあるのは賑やかで良いのだけれど、どのコンテンツも満遍なく楽しむのは果たしてモチベーションが続くかどうか。

でもよく考えてみるとそれもそのはず、しばらくプレイしない期間が空けば当然操作に戸惑いもすればストーリーだって忘れる。何も二ノ国が悪い訳ではない、身から出た錆だ。

二ノ国2、God of Warに全部持ってかれました。

God of Warのクリアから約1ヶ月そんな形で自分を奮い立てせ、やっとのことでもう一度二ノ国2を楽しみ始めています。

中盤くらいまで進み、どうにか体にも馴染んできました。それにしても、God of Warに全部持っていかれた感があります。

とは言ってみたものの、何かネガティブな事情でゲームをしたくなかったのでは決してなく、このタイミングでモヤモヤと鬱積した何かと向き合ったことで気持ちを整理できた気がしています。

それでも二ノ国2は面白い。楽しいものをいっぱい詰め込もうという作り手の想いも伝わる。これからクリアに向けて、できるだけ継続してプレイしきたい思いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。