【ゆうていみやおうきむこう…】ファミコン神拳の現在は?


ドラゴンクエスト最新作Ⅺでは、あの「ふっかつのじゅもん」がまさかの実装を果たし、ざっくりとではありつつもPS4版と3DS版とでハードをまたいだクロスプレイをすることができます

このふっかつのじゅもん、過去作のパスワードも一部使うことができるという粋な遊び心があり、我々アラフォーには馴染み深いドラゴンクエストⅡの「ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺぺぺぺ…」のパスワードも使うことができます。このパスワードには、当時ゲームクリエイター兼ライターたちの名前が含まれています。

あのパスワードから30年。ファミっ子だった我々も大人になりましたが、「ゆう帝」「ミヤ王」「キム公」の皆様は、現在何をなさっているのでしょうか?

ファミコン神拳とは?


「ファミコン神拳」とは週刊少年ジャンプに1980年代半ば〜後半にかけて掲載されていたゲーム紹介コーナーで、有名ゲームクリエイターである堀井雄二氏、宮岡寛氏、木村初氏の3人がライター時代、当時人気だった「北斗の拳」のキャラクターに扮した「ゆう帝」「ミヤ王」「キム皇」としてゲームソフトのレビューを行っていました。

同コーナーは関係会社のソフトに対する過剰な評価や、やや大胆かつ大雑把な内容からレビュー記事としての信憑性は薄く、キャラモノとしての人気で約5年ほど続いたようです。

「あ」「た」「た」「た」「た」の5文字で熱中度など項目毎に評価されるシステムは、昨今のレビュー形式のはしりのようなもの

「ゆう帝」こと堀井雄二氏は、ドラクエ新作の監修として活躍中!

まずは「ゆう帝」こと堀井雄二氏。「ドラゴンクエストシリーズ」の生みの親で、言わずと知れた日本を代表するゲームデザイナーです。

1954年1月6日生まれ、2017年8月現在は63歳!ファミっ子世代の我々には感慨深いものがあります。ドラゴンクエストⅡリリース当時は33歳。

堀井雄二氏は 早稲田大学第一文学部卒業後にフリーライターとして生計を立て、PCゲーム制作の趣味が高じて、取材先であるはずのエニックス主催ゲームコンテストに入賞してしまったことがきっかけとなって、本格的にゲームの道を志すようになったようです。

現在はというと、シリーズ最新作「ドラゴンクエストⅪ過ぎ去りし時を求めて」でも全般的に監修されています

なんでも本作のシナリオには5年の歳月をかけ、「意表をついた作品、自分が遊んで面白いゲームにしたかった。」とのこと。ファミコン初期にして思いもよらぬ結末を迎える名作「ポートピア連続殺人事件」の作者でもある同氏が「意表をついた…」と語るドラクエ11、一体どんなストーリーになるのか?クリアするのが楽しみです。

「ミヤ王」こと宮岡寛氏はゲーム制作会社の代表取締役兼声優!?

続いて「ミヤ王」こと宮岡寛氏。1958年7月4日生まれ、現在59歳で、ドラクエⅡリリース当時は29歳。

堀井雄二氏と同じ早稲田大学第一文学部を中退し、フリーライターとして活動する中で堀井雄二氏と親交を深めていったそうです。

その後堀井氏の誘いで、ドラゴンクエスト1〜3までの企画立案、システムデザイン、シナリオ制作など、ゲームデザイナーとして従事されていたようです。

後の1988年に独立し、ゲーム制作会社「クレアテック」を設立。そしてファミコンの超名作RPG「メタルマックス」を世に生み出しました。

現在は同社の代表取締役としてご活躍される傍ら、PS VitaのRPG「メイQノ地下ニ死ス」にて、老師役として声の出演もされているとか。ゲームの裏方としてだけではなく、表舞台でもご活躍されているようです。

JRPG好きですが、この作品はノーマークでした。面白いのだろうか?

「キム公」こと木村初氏、やや控えめなもののゲームデザイナー、ライターとしてご活躍中

最後に「キム公」こと木村初氏。ファミコン神拳ではやや癒し系ビジュアルの同氏は1959年生まれ、現在は58歳。ドラクエⅡのリリース当時は28歳、若い!

上記二人とは異なりドラゴンクエストには直接的に携わっていないものの、ファミコン神拳のライターとして堀井氏や宮岡氏と親交を深めたとのことです。

その後宮岡氏のメタルマックスシリーズにも携わり、こちらも隠れた名作RPG「ジャングルウォーズ」シリーズのゲームデザイナーとして活躍されたとのことです。

コミカルなビジュアル、表現に反して、ダイナミックな展開と緊張感のある戦闘が楽しいジャングルウォーズ

ネットやSNSアカウント(ご本人のものであれば)を見る限りでは、上記二名に比べるとやや控えめな印象ですが、現在は小説やコラムのライターとしてもご活躍されているようです。

ファミコン神拳のメンバー、30年後の現在も様々な分野でご活躍中!

ゆう帝、ミヤ王、キム皇のお三方は、今でもゲーム業界を主軸としてご活躍されているようです。同じくパスワードに登場する漫画家鳥山明さんは言わずもがな。

ファミコン神拳はその後も何人かメンバーの入れ替わりがありましたが、特に印象に残るメンバーは何と言ってもパスワードに登場するこの3名なのではないでしょうか。

あれから30年。日本のゲーム文化をけん引されてきたファミコン神拳メンバーの皆様には、くれぐれも体調にはお気をつけ頂きたいと思いつつも、今後も引き続き世に名作を生み出し続けて欲しいものです。

尚、最新作ドラゴンクエスト11で「ゆうていみやおう…」のパスワードを入力すると、こんな感じです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。