「プレイレポート」カテゴリーアーカイブ

新作の予兆!?元祖音ゲー移植PS4版「パラッパラッパー」をやってみた。

あの音ゲーの元祖「パラッパラッパー」が、2017年にPS4版へ移植されることが決定したとのことです。12月5日から無料体験版の配信も始まりました。

私は本作をはじめ七音社ゲームのファンで、オリジナルのPS1版、2作目「パラッパラッパー2」や姉妹作品「ウンジャマラミー」ももちろんプレイ済みです。PS1でリリースされたパラッパラッパーがPS4版への移植ということで、気になるグラフィックや操作感を確認すべく、早速ダウンロードしてみました。
続きを読む 新作の予兆!?元祖音ゲー移植PS4版「パラッパラッパー」をやってみた。

格ゲー「DEAD OR ARIVE 5 Plus」感想。スピンオフが人気の理由が分かった!

先日の「信長の野望」に引き続いてまたまた今月のフリープレイのお話です。やはりPlaystation Plusの恩恵はなかなか有難くて、加入中であれば無料でダウンロードできるPS4「DEAD or ARIVE 5 Plus(デッドオアアライブ5プラス)」をやってみました。

私の格ゲーレベルはと言うと2D、3D問わず俗に言う「たしなむ程度」で、中くらいの人にはデカい顔をしつつベテランにはサンドバッグにされ、ストーリーモードであればほぼほぼクリアできるレベルです。

そんな格ゲーのセンスほぼゼロに等しい私が申し上げるのは大変恐縮ですが、今月のフリープレイでダウンロードした「DEAD or ARIVE 5 Plus」について。シリーズは初プレイでしたので感想、そして最後にこんなゲームが好きな人は楽しめるのでは?という印象を述べさせて頂きます。いやセクシーだ。
続きを読む 格ゲー「DEAD OR ARIVE 5 Plus」感想。スピンオフが人気の理由が分かった!

【写真あり】PS4 VR「Eagle Flight」やってみた感想!(日本最速?レビュー)

2016年11月9日昼12:00、PlayStation VRの「Eagle Flight(イーグルフライト)」が満を持して配信開始されました。空を自由に飛ぶという体験はVRならではで、ある意味ゲームプレイヤーの夢のひとつの形なのではないでしょうか。私もこの作品は楽しみでした。

ローンチを含めこれまで出てきたVRソフトはいずれも数分で終わってしまう短いものだったり、あるいゆっくり眺めているだけだったりとチュートリアル的で「VRってこんな映像ですよ」といった紹介作品ばかりの印象がありましたが、こういった飛行系のゲームでもVRは活きるということが実感できました。
続きを読む 【写真あり】PS4 VR「Eagle Flight」やってみた感想!(日本最速?レビュー)

「信長の野望・創造」こんなタイプのゲーマーは信長の野望シリーズをやるべし!

「信長の野望」やったことはありますか?
信長の野望をプレイしている人ってなんとなくインテリっぽくて賢そうなイメージがありますが、ちょっとゲーム内容はとっつき難そうで、新参者には優しくなさそうな印象がありました。
が、今回Playstation Plusのフリープレイで対象となっていた「信長の野望 創造」で初めてシリーズをプレイしてみて思ったのです、「何これ、超面白い…!」
超有名でロングセラーなだけに当然目にはして来ましたが、数十年も素通りしていたことに少し後悔してしまいました、やめ時が分からないです。
ということで、シリーズ初心者の私なりに感じた「こんなゲーマーさんは、是非プレイしてみた方が良いかも!」というタイプをいくつか挙げさせていただきます。
続きを読む 「信長の野望・創造」こんなタイプのゲーマーは信長の野望シリーズをやるべし!

こんな人にオススメ!PSP「ジルオール インフィニット」作業ゲーだって楽しいじゃないか!

作業ゲーが好きです。
もちろん考えるゲームも好きなのですが「考える事を放棄したゲームなんてゲームじゃない!」なんて言われたりすることもあるわけです、確かに考えて攻略するのはゲームの醍醐味、これは納得です。でもコツコツと努力した事にたいしてきちんと報酬をくれるそんな作業ゲーも私は大好きなのです。
そんな折、隠れ名作と名高いPSP「ジルオール インフィニット」が、なんと300円という、血の滲む思いで作り上げたメーカーが激怒しそうな価格で売っていたため、プレイしてみることにしました。

本作目にする機会は多かったのですが、「作業ゲー」「おつかいゲー」と揶揄される一面もあったため見くびっていたのですが、実際に遊んでみるとその印象が一変したのでご紹介です。
続きを読む こんな人にオススメ!PSP「ジルオール インフィニット」作業ゲーだって楽しいじゃないか!

GG名作RPG「モルドリアン」最強武器ソニックソードとハーブはここで取得できる!

Playstation VRばかりやっているとどうにも時代に逆行したくなる天邪鬼な私ではありますが、何も新しいゲームだけ好きなクチではありません。ゲームボーイやゲームギアの本体まで大事に取ってあるため、時々レトロゲームに触れては趣に浸っております。ということでゲームギアの王道RPG「モルドリアン 光と闇の姉妹(シスター)」です。

なんとなくダラダラプレイしている中で、実は序盤から最強の武器からドーピングアイテムまで取得できてしまうという、長い時間を経て新たな発見がありましたので、簡単なゲームの紹介を兼ねて、今更ながら取得場所についてお伝えできればと思います。
続きを読む GG名作RPG「モルドリアン」最強武器ソニックソードとハーブはここで取得できる!

【画像あり】元祖音ゲー後続作「ウンジャマラミー」が今でも面白い3つの理由

プレステの「ウンジャマラミー(un jammer lummy)」が好きです。
ウンジャマラミーも好きですが、シリーズや音ゲー、リズムアクションゲームの元祖にあたる「パラッパラッパー」も好きです。

久しぶりにプレイしてみてもやっぱり面白いんです。でも今日の洗練されたリズムアクションゲームに比べると、やや乱暴とも思えるゲームシステムはクソゲーと紙一重な部分もあり、果たしてコレ、一体どこが面白いんだろうか?なんて思ったわけです。
続きを読む 【画像あり】元祖音ゲー後続作「ウンジャマラミー」が今でも面白い3つの理由

【画像あり】評価がえらく低い「よるのないくに」をプレイした感想

PS4今月のフリープレイのラインナップに「よるのないくに」なるタイトルが入っておりました。普段こういった2次元のセクシーなパッケージはあまり見向きもしませんでしたが、タダより美味しいものはないという下品な精神で早速ダウンロード。
そもそもどんなジャンルなのか、どんなゲームなのかも知らずに意地汚い気持ちでダウンロードしてみたものの、いつもの癖でECサイトのレビューを見てみると…
2016101417

星二つの低評価!

なるほど、こりゃクソゲー過ぎてあまりに売れないもんだから、せめてこういった形でアクティベートの有効活用をしようということですね。
がしかし、残念ですがクソゲーであっても私クラスになると楽しんでしまうわけです、お生憎様。ということでプレイします。

なんだ面白いじゃないか!無双シリーズを昇華させた感じのストレス発散ゲー

事前に見た評価の影響で期待値が低かったせいか、なんだ普通に面白いじゃないですか。グラフィック、操作性、システム、非常に良く出来ていますよ。

オープニングのムービーも綺麗

今更ですが、アクションRPGです。進行上で見つける「依代」と呼ばれるアイテムを使うことで、従魔と呼ばれるいわゆる仲間を呼び出して一緒に戦うという基本システムです。仲間の育成も楽しく、主人公よりも強いんじゃないか?と思うほど頼もしく、動き回って敵にガンガン攻撃を仕掛けてくれる行動は見ていて面白いです。

仲間は成長と共にスキルなんかも覚えていきます

主人公も戦闘で獲得したBloodなる経験値を消費してレベルを上げたりスキルを覚えたりと、少しずつ確実に強くなっていくのも楽しいです。
さて肝心のアクションですが、レスポンスも悪くなくズバズバ切っている感があり爽快です。

主人公も仲間もとにかく手数が多くて爽快!

とにかく手数が多いのとそもそもの難易度があまり高くないので、頭を使ってどう成長させていくかは戦略的に進めるよりは、力技でゴリゴリ進んでいく感じのシステムで、よく言えば爽快感があり、別の言い方をすれば連打ゲーでもあります(個人的に嫌いではないですが)。

ストーリーと独特の世界観がおオタゲー独特の雰囲気で惜しい感じ?

まず最初の印象としては「乳デカいな…」で、なんとなくやっているところを妻に見られたくないビジュアルです。実家住まいの方は家族にも見られてなくないパターンかもしれません。なんでこういうゲームってすぐ極端に胸をでかくしちゃうんだろうね、謎です。

いや、あのね、無料だったからね…。

「かつて妖魔の王の一人である夜の君は永久の夜で世界を闇に閉ざしていた。だが、聖女と聖騎士たちの働きにより夜の君は倒される。ところが倒された夜の君は青き血を世界中に撒き散らした。その血を浴びた人、生き物だけでなく人形や彫像といった無生物に到るまでありとあらゆるものたちが邪妖と呼ばれる異形の存在と化して、夜の世界を支配。この世界はよるのないくにとなった。」とかいうストーリーも、正直キャラクターの乳のデカさと独特のギャグセンスが鼻について、あまり入ってきません

独特のギャグセンスが苦手な人はきついかもしれません

他プレイヤーから百合だ百合だと言われているようですが、主人公とヒロインのやりとりはレズっ毛があって独創的です。独特のゴシックな世界と様式美漂うBGMは悪くない雰囲気なのですが、こちらもいかんせん独特の言い回しや巨乳が台無しにしている気もします。それが輪をかけてストーリーそっちのけ、ストレス発散の連打ゲーたらしめている感があります。
2016101419

個人的に百合も切り口によってはミステリアスで良い武器だと思うんだが…

面白いので再度レビューを見てみると、理由が明らかに

プレイしてみて普通に面白いので、どこがそんなにみなさんつまらないのかい?と再度レビューを見てみると…
2016101418

…Vita版!

なんとPS4ではなく、どうやらPS4ベースで開発されたもののVita版に画面が最適化されていないようで、グラフィックやアニメーションがガタガタになっている模様。Vita版未確認ですが、だとしたら確かにそれはあかんですよコーエーさん。これには各種レビューのご意見に同意。やはり世に出してお金を貰う限りは最低限の品質に責任を持たないとですね。

感想:カジュアルなストレス発散ゲー

10数時間プレイした結果、ちゃんと普通に楽しいです。むしろコーエーテクモが無双シリーズで培ったノウハウを上手に活かせている気がします。
15分でホームに戻されるという制限が区切りよく、普段時間のなかなか取れない方がカジュアルにさくさく楽しむにはとても良いゲームかもしれません

カジュアルなアクションRPGとしては特にマイナスに感じる箇所も見当たらず、安定している印象

逆にどう攻略していくか頭を使って組み立てていく戦略性や、プレイヤー自身の上達によって得られる強いカタルシス、達成感というよりは、力技、連打ゲーでごり押しで乗り切るストレス発散、俺TUEEプレイによる自己満足感の強い印象はあります。が、それはそれでひとつの価値と言えるかと。
(あと巨乳のビジュアルとセリフまわしなどは好みなのかなと思います)

シナリオよりゴシックでダークな世界観よりも目に付くのは横乳…。

【画像あり】シリーズ最恐!?20年ぶり「バイオハザードHDリマスター」をやってみた(今月のフリープレイ)

PS4の「今月のフリープレイ」に「バイオハザードHDリマスター」が入っておりました。
そういえば初代のバイオハザードが発売された1996年当時、私は高校生でした。ゾンビなど見ても特にトラウマになるレベルではありませんでしたが、あれから20年、私も1児を設けることができ、娘は早くも2歳半になりました。そんな娘が最近怖がるのがこちら。

どこのこのキノコ〜このキノコどこの〜

教育番組の代名詞「おかあさんといっしょ」のうた「ドコノコノキノコ」のキノコです。こんなに可愛いキノコであってもやはり子供の頃に感じる恐怖心というものは後になっても尾を引いてしまうもの、子供に見せるものも気をつけてあげたいものです。
必然的に子供が寝静まった夜中に一人でやることを余儀なくされているわけですが、ここ最近もバイオハザードは概ねプレイしているし、オリジナル版で既にプレイ済みだからゾンビなぞ怖くもなんとも無いと思いきや、甘かったです。
続きを読む 【画像あり】シリーズ最恐!?20年ぶり「バイオハザードHDリマスター」をやってみた(今月のフリープレイ)

【画像あり】PS4「GRAVITY DAZE 2」やってみた感想!

「GRAVITY DAZE(グラビティデイズ)」が好きです。PS Vitaのローンチとして発売されて最初に買ったソフトですが、初めて触った時、これまでに体感したことのない操作感、浮遊感に衝撃を受けた記憶があります。

まもなく2016年12月1日の発売を控えた新作「GRAVITY DAZE 2」ですが、先日体験版が公開されていたので早速ダウンロード、開始数分で「うむ、とりあえず買おう!」と思ったその3つの決め手をお伝えいたします。
続きを読む 【画像あり】PS4「GRAVITY DAZE 2」やってみた感想!